風があたっても痛い「痛風」ってなに?
現在患者数約60万人。誰もがなる可能性があります!
そこのあなたは大丈夫ですか?
足の親指が最近気になる人。必読です!!

○痛風って何?

「痛風」書いて字のごとく風が当たっても痛いと書きますが
実際に患部にちょっと何か触れた位(風が当たる程度)でも痛みが出る事から名付けられました。
血液中の尿酸値が高くなり(高尿酸血症)、その尿酸が関節で炎症を起こして
痛みや熱感・腫れを引き起こします。
外国(特に西洋)では昔から知られた病気でした。
もともと日本には「痛風」という病気はなかったが明治以降の食生活の
変化に伴い「痛風」になる患者が増えてきました。
主な原因は食生活の欧米化で動物性のたんぱく質や脂質の取りすぎが
考えられます。

1

昔の日本では「贅沢病」などと言われていました。

男性と女性では9:1の割合で男性に多い病気です。

男性では40代以降が多く女性では閉経後にかかる方がほとんどです。

○痛風になったらどうなるの?

最初は足の親指に違和感(チクチクしたり圧迫感が出たり熱っぽかったり)が

出て、その内に痛みが出てきます。(足の親指の内側の2番目の関節の部分・

女性の外反母趾の部分によく出来ます。初めて痛風になる方の7割はこの部分)

痛みはだんだん強くなってきて足を動かす事も出来ず、靴も履けない状態に

なってきます。

この状態が3~4日続き10日位で一旦痛みが落ち着きます。

この痛みが強い状態を「痛風発作」と言います。

この状態を放置しておくと発作を繰り返し状態がどんどん悪化していきます。

発作の間隔も短くなってきて慢性的な関節炎になってしまい更に進行していくと

関節の変形や関節の正常な機能(動き)が出来なくなってしまいます。

尿酸の結晶が関節に沈着して痛風結節(つうふうけっせつ)が、肘や足の

関節周囲や耳にできることがあり、時に破れて皮膚に潰瘍が出来る事もあります。

また、尿酸塩が沈着して尿路結石(にょうろけっせき)、腎障害、虚血性心疾患

などになる事があります。

痛風の症状を画像を使って紹介

痛風を起こす人は、起こさない人よりも心筋梗塞や脳梗塞のリスクが高く、

これは肥満や高血圧など生活習慣病を合併しやすく動脈硬化にもなりやすい

為だと言われています。

○治療法は?

まずはお医者さんできちんとした診断をしてもらって然るべき処置を

する事をおすすめします。

しかし、お医者さん任せではなくて普段の食事からでも症状の改善を図ることも

できます。

ここでは食事療法についてご紹介します。

食事療法レシピ集

痛風だけではなく、高血圧・高脂血症・肥満・糖尿病の方にもおすすめのレシピがたくさん乗ってます。

東京都病院経営本部の公式ホームページ。食事療法のポイント・痛風によい食材

や日常生活での注意などをご紹介。

 

たけしの家庭の医学「尿酸値オフレシピ」

ご存知「なまくら流ズボラ派」でお馴染みの奥園壽子先生が作る

手軽で美味しい尿酸値オフレシピ。

○どうすれば痛風にならないの?

上記にも書いてありますが生活習慣、特に食事からの影響が大きいです。

なので食生活は

①多食・美食を控えて太らないようにする

②動物性たんぱく質・脂質を取り過ぎないようにする

③アルコールを控える(特にビールに含まれるプリン体は痛風にはご法度)

④尿酸が腎臓にたまらないように水分を十分に摂取し、尿を出すこと

それにプラスして適度な運動・十分な睡眠・ストレスを溜めないなどを

行えば更に症状の改善が望まれます。

痛風は生活習慣病と深くかかわりがありますので日頃からの規則正しい

生活習慣が一番の予防法です。