青カビのような臭い加齢臭の原因は?

年をとると気になり始めるのが「加齢臭」

加齢臭は皮膚の毛穴から出る皮脂が酸化した結果、加齢臭の元になる「ノネナール」が作り出されるのです。

 

このノネナールは「脂っぽくて青臭い、枯れた」臭いといわれていますが、40歳を過ぎた頃から目立ち始め、年齢に比例して増加します。

無題

研究機関が行った官能テストでは、40歳すぎから臭いが漂い始め、その後は年齢に比例して増加

60代で急増し、40代の約3倍の人に加齢臭が認められるようになるそうです。

 

加齢臭の原因は皮脂にありますが、この皮脂の量が最も多いのが30代。

30代の皮脂が酸化すると「ペラルゴン酸」という臭いの原因物質に変化します。

 

30代でも40歳以降でも変化して出来る物質は異なりますが、加齢現象によって臭気が発生するメカニズムは同様に「皮脂が酸化する」からなのです。

 

加齢臭対処法は?

では加齢臭にどう対処したらいいのでしょうか。

臭いは元から断たなきゃだめといいますが、そういう意味では不摂生な生活習慣を改めるべきだという専門家がいます。

あるいは筋力を高める運動で体質改善をするべきという人もいます。

 

しかし、こうした抜本的なやり方は時間がかかるので、文明の利器を利用するのがてっとり早いし効果的です。

加齢臭防止グッズも様々なものが揃っています。

「加齢臭防止の下着や靴下」「加齢臭防止の石鹸やボディソープ」などなど。

 

その中で、最も効果的で最も見落としやすいのがシャンプー。

なぜなら、最も加齢臭を発散するのは頭だからです。

加齢臭の原因となる皮脂を分泌する皮脂腺が最も多い場所が頭皮です。

その数、お腹に比べて約30倍、背中に比べても約5倍もあります!

 

その上、体は衣服で覆われているので臭いにくい一方、頭は裸の状態で相手の鼻に近いこともあり、加齢臭散布の絶好の媒体になってしまうのです。

 

また、洗髪時には「髪の毛」を洗うという意識のひとが多いのですが、加齢臭対策には「頭皮」を洗う意識を強く持つことが一番効果があります。

 

 

女性にも加齢臭はある?

加齢臭といえばオジサン特有のものと思われがちですが、実は女性も加齢臭を発散しています

前に述べた通り加齢臭が発生する肉体的なメカニズムは男女を問いません。

だから女性にも加齢臭があるのです。

 

女性の加齢臭が目立たないのは、皮脂の量が男性より少ないからです。

生活習慣によっても皮脂は増大します、つまり女性もオジサン的な生活を送っていくと、女子もオジサンと同じレベルの加齢臭を発散してしまう、文字どうり「オヤジ臭くなる」という訳です。

 

加齢臭防止にはこれだ!

男性も女性も大事なのは生活習慣を正しくすることです。

そして頭皮を中心にして身体全体を清潔に保つことが一番の加齢臭対策です。