今年もやってきました花粉の季節
今年はいつから?今年は何が効くの?
なぜくしゃみや目が痒くなるか!
花粉症になるとこんな事にも!
花粉症に効く薬、花粉症に効く食べ物などをご紹介

辛い花粉症の症状

今年も春の訪れと共にやってくる花粉症。
たかが花粉されど花粉。

1

なった事がない方にはこの辛さがわからないと思いますが、
症状としては風邪の症状似ています。
それが長い方では何ヶ月も続くんです。

花粉症により、日中の集中力の低下や倦怠感、さらに睡眠障害などがおこり
日常生活にも悪影響が出ます。

現在4人に1人が花粉症と言われています。
スギやヒノキなどの花粉が原因でくしゃみ、鼻水、鼻づまりなどの
アレルギー症状が出ます。

では、なんで花粉でアレルギーが起こるのでしょうか。

私たちの体では、花粉が体の内に入ると、
その花粉(異物)に反応する抗体が作られ
再び侵入してきた花粉が抗体にくっつくと、ヒスタミンなどの化学物質が分泌されて
くしゃみ、鼻水、鼻づまり、目のかゆみなどの症状が出てくるのです。

関連記事→花粉症に効果的な鼻うがいのやり方

本来であれば無害であるはずの花粉でアレルギー反応が起こることは無いのですが
花粉に反応する抗体を作ってしまっているのが原因です。

これは人間が本来持っている防御反応がしっかり働いている事なんですが
かえってそれが症状を引き起こしているともいえます。

鼻が詰まるので口呼吸になり口内が乾いてしまって寝苦しく熟睡できません。
菌やウィルスに対する抵抗力も落ちて病気になりやすく
喉や肺を痛める可能性もありあります。
花粉で肌がかぶれると言う報告もあります。

花粉症はいつ頃から?

花粉症の原因となる花粉の代表格と言えば
「スギ」「ヒノキ」の2トップです。

2

それ以外にも「カモガヤ」「ブタクサ」
「シラカンバ」「ハンノキ」などがあります。
本州、四国、九州では、一番の原因植物はスギとヒノキです。
スギやヒノキは数が多いのでその分花粉が、大量に風にのって
数十キロも飛んできます。
本州・四国・九州以外の北海道や沖縄ではスギは少ないので、
スギによる花粉症はあまりありませんが、
北海道ではシラカンバやハンノキなど、スギに代わる
多くの花粉症の原因植物がありますので注意しましょう。

一般的にはスギの花粉の飛散時期は1月下旬から4月までで
ヒノキは2月上旬から5月上旬と言われていますが地域や気候によって差が出ますので
テレビやインターネットなどで花粉状況の確認をこまめにチェックしましょう。

花粉症になったらどうすればいいか?またはならない為にはどうすればよいか。

なっちゃうと辛い花粉症。
まだ花粉症にかかっていない方も安心は出来ません。
いつ花粉症になるかはだれにもわかりません。
ならないためにはなるべく花粉を体内に入れない事です。

外出するときなどはマスクや眼鏡を着用して服装もなるべくウールなど花粉が
付着しやすい物は避けてツルツルした素材のものを着て
家に入る前に身体に付いた花粉を玄関で払ってから家に入る。
手洗いうがいプラス洗顔をして顔に付いた花粉を落としましょう。
お部屋の中では花粉モードの付いた空気清浄機などを使うのも良いでしょう。

3

花粉の時期は部屋の換気は最低限にして、洗濯物も取り込んだら良くはたいて
花粉を落としましょう。ハウスダストなども花粉の原因になる事もあるので

・お部屋の清掃もこまめに行う。
・ストレスを溜めないで睡眠も十分とって体調管理に勤める。
・過度な飲酒や喫煙はやめる。控えるか適量に抑える。

すでに花粉症になってる方は医療機関にかかるか市販のお薬で症状を抑える
こともできます。

久光製薬「アレグラFX」

鼻炎に朝から効き目が続く「アレジオン10」
紹介動画【エスエス製薬】
https://youtu.be/lmB6Vq9ScEg

薬は飲みたくないと言う方は食べ物で症状を改善させる事も出来るそうです。

「りんご」
りんごに多く含まれる水溶性食物繊維ペクチンに、
アレルギー症状の原因物質を減らす効果があるそうです。

「甜茶」
甜茶に含まれるポリフェノールが花粉に良いと言われています。

「ブロッコリー」
花粉症の緩和に効果のあるαリノレン酸、アルファリポ酸(αリポ酸)が
多く含まれていている

「乳酸菌」
腸内の乳酸菌バランスを整えることでアレルギーを体質的に改善するそうです。

「トマト」
トマトから抽出さらたカロテノイド(主にリコピン)を継続的に摂取することで
花粉症の自覚症状が改善したそうです。

「青汁」
ケールには、花粉症の初期の段階で作用する物質の生産量を抑える働きがある

その他
にんにく、にら、たまねぎ、チョコレート、黒酢、シソなど

※薬ではないので効き目には個人差があります。
 食物アレルギーのある方はお医者さんの指導を仰いで下さい。

現在、花粉症になっていない方もいつ何時どうなるかわかりませんので
今のうちから予防をしておいた方が、一年で一番過ごしやすいこの季節を
快適に過ごせるポイントになりますね。