血糖値を知ってますか?

血糖値は、健康診断で行なわれる血液検査の項目です。

 

血液中のブドウ糖値を調べる空腹時血糖値(9時間以上

何も食べたり飲んだりしない場合の血糖値)と、

過去1~2ヶ月間の血糖状態がわかるヘモグロビンA1c(HbA1c)から、

自分の血糖値の状態を把握することができます。

 

特定検診では、空腹時血糖値が100mg/dl以上、

HbA1cが5.6%以上にあてはまると、

生活習慣病のリスク原因となります。

 

 

血糖値とは

血糖とは血液中に含まれるブドウ糖のことを指し、

その血液中に含まれる量を表わしているのが血糖値です。

 

血糖値は食事を摂るたびに上がります。

それは、食事で摂取された栄養素のうち糖質が

消化酵素で分解されてブドウ糖になって小腸で吸収され、

血液により全身に運搬されるからです。

 

 

 99

 

身体活動の重要なエネルギー源、ブドウ糖

ブドウ糖のうち、エネルギーとしてすぐに消費されるもの以外は、

肝臓や筋肉組織等でグリコーゲンとして、

さらには脂肪組織に中性脂肪として貯蔵されます。

 

ブドウ糖は、日常生活において重要なエネルギー源なので、

血糖値を正常に保つことはとても大切です。

 

血糖値を保つインスリン

健康な人でも、食事をすれば血糖値は上がります。

よくないのは「血糖値が高い状態が続く」ことです。

インスリンには血糖値をコントロールする働きがあります。

 

高血糖は日常の生活習慣の中で、食べ過ぎ、

高脂肪摂取等の食生活の乱れ、運動不足・基礎代謝の

大きい筋肉量の低下、肥満等が原因となります。

 

特に40代からは基礎代謝量が低下し、

消費エネルギーが減少しはじめます。

 

その結果、摂取したエネルギーが消費するエネルギーを

上回りやすくなります。

そうすると、高血糖や肥満につながりやすくなるのです。

 

 

 

高血糖にならないために

高血糖状態になるのは、遺伝的要因に加えて、

食生活の乱れ(味の濃い丼ものや麺類などの主食のみを食べたり、

朝食や昼食を抜いたり、夕食を就寝に近い時間帯に食べたり)、

運動不足日常でのストレスが重なって起こります。

 

体型は特に関係ありません。

日本人はインスリンを作り出す能力が低いため、

高血糖になりやすいのです。

 

規則正しい食生活にしていくポイント

1,1日3食摂る、朝食の習慣化と夕食時間の早期化。

食事を抜くと、栄養の偏りだけでなく、

まとめ食いによる1食あたりのエネルギー増加により

肥満にもつながります。

 

又、1日3食とることで、血糖値の変動が少なくなり、

高血糖の持続時間が短くなります。

 

2,栄養バランスを意識する。

油・脂肪の摂り過ぎに注意し、肉より魚の量を増やす。

 

3,毎食、野菜を食べる。

食物繊維をとることが大切です。

 

4,ゆっくり噛んで食べる。