七夕とお盆の意外な関係

織姫と彦星だけじゃありません

京都で体験「京の七夕

古都で味わう珠玉の七夕

 

a1

 

今年も7月7日がやってきます。

そう七夕です。

 

七夕(たなばた、しちせきとも呼びます)は、中国台湾

日本韓国ベトナムなどにおける節供節日の一つで

五節句の一つにも数えられます。

 

旧暦では7月7日のことで、日本ではお盆(旧暦7月15日前後)

との関連がある年中行事でしたが、明治改暦以降、お盆が

新暦月遅れ8月15日前後を主に行われるようになったため

今では関連性が薄れています。

 

 

日本の七夕祭りは、新暦7月7日や月遅れの8月7日

あるいはそれらの前後の時期に開催されているところが多いです。

 

古くは、「七夕」を「棚機(たなばた)」や「棚幡」と

表していました。

そもそも七夕とはお盆行事の一環でもあり、

精霊棚とその幡を安置するのが7日の夕方であることから

7日の夕で「七夕」と書いて「たなばた」と発音するように

なったともいわれています。

 

全国的には、短冊に願い事を書き葉竹に飾ることが

一般的に行われている。

 

a2

 

短冊などを笹に飾る風習は、夏越大祓に設置される

茅の輪の両脇の笹竹に因んで江戸時代から始まったもので、

日本以外では見られないそうです。

 

織姫と彦星

日本の七夕の伝説として[織姫と彦星]のお話があります。

a3

「昔々、天の川のそばには天の神様が住んでいました。天の神様には、織姫と言う一人の娘がいました。織姫は機を織って、神様たちの着物を作る仕事をしていました。織姫がやがて年頃になり、天の神様は娘に、御婿さんを邀えてやろうと思いました。色々探して見つけたのが、天の川の岸で天の牛を飼っている、彦星という若者です。彦星は、とても立派な若者でした。織姫も、かがやくばかりに美しい娘です。二人は相手を一目見ただけで、好きになりました。二人は結婚して、楽しい生活を送るようになりました。でも、仲が良過ぎるのも困りもので、二人は仕事を忘れて、遊んでばかりいるようになったのです。すると、天の神様のもとへ、皆が文句を言いに来るようになりました。「織姫が機織りをしないので、皆の着物が古くてボロボロです。早く新しい着物を作って下さい」「彦星が世話をしないので、牛たちが病気になってしまいます」神様は、すっかり怒ってしまい「二人は天の川の、東と西に別れて暮らすがよい」と、言って、織姫と彦星を、別れ別れにしたのです。でも天の神様は、織姫があまりにも悲しそうにしているのを見て、こう言いました。「一年に一度だけ、七月七日の夜だけ、彦星と会ってもよろしい」 それから、一年に一度会える日だけを楽しみにして、織姫は毎日、一生懸命に機を織りました。天の川の向こうの彦星も、天の牛を飼う仕事に精を出しました。そして、待ちに待った七月七日の夜、織姫は天の川を渡って、彦星の所へ会いに行きます。」

 

憧れの古都「京都」で七夕!

a4

 

京の七夕

開催期間

2015年8月1日~8月10日

 

会場

堀川会場

 

京都市営地下鉄東西線「二条城前駅」の

堀川遊歩道にて開催されます。

 

開催中はいろんなイベントを催しています。

早いものでは9時からやっているものもありますが、

19時くらいから始まるものが多く、

ライトアップも夕方から点灯されます。

 

ほとんど無料(飲食代は別途)で楽しめますが

一部有料のものもあります。

 

a5

見所はいろいろありますがなんといっても

二条城のプロジェクションマッピングは是非見てみたいものです。

 

 

世界文化遺産・二条城ライトアップ2015〜百花繚乱〜 / 京都いいとこ動画

 

鴨川会場

a6

 

京阪本線「祇園四条」か「三条」または阪急電鉄「河原町」下車で

御池大橋~四条大橋間で開催されます。

 

こちらもイベントが目白押しでライトアップと共に

夕方から開催されるものが多いです。

飲食代以外に一部有料のものがあります。

 

こちらも三条~四条間の左岸にて

プロジェクションマッピングをやりますが

鴨川会場では竹カゴに京の伝統技術を用いた鴨川会場の

シンボリックな灯りの「風鈴灯」がおすすめです。

 

風鈴灯の近くでお香を焚き、香りの演出も行い、

光と香りの情緒たっぷりの空間を創りだします。

 

京の七夕・鴨川会場~風鈴灯・七夕飾り・光のオブジェ』@京都市

 

周辺のお寺や神社もこの時期はイベント盛りだくさん

(一部有料のものもあります)

 

a7

[清水寺]七夕飾りやお焚き上げ

[高台寺]夜の特別拝観や茶会

[圓徳院]特別拝観

[六道珍皇寺]先祖の精霊を現世に迎え入れる六道まいりを開催

[八坂神社]七夕祭や夕涼みコンサート

[貴船神社]七夕笹飾りライトアップや七夕奉納ライブ

[晴明神社]特別拝観

 

古の歴史が色濃く残る街「京都」

a8

 

家族や友人あるいはカップル、どんなシチュエーションでも楽しめそうですね。

普段と違った七夕の夜が味わえそうです。