*

京都の七夕を楽しむ~二条城ライトアップから鴨川の「風鈴灯」まで

七夕とお盆の意外な関係

織姫と彦星だけじゃありません

京都で体験「京の七夕

古都で味わう珠玉の七夕

 

a1

 

今年も7月7日がやってきます。

そう七夕です。

 

七夕(たなばた、しちせきとも呼びます)は、中国台湾

日本韓国ベトナムなどにおける節供節日の一つで

五節句の一つにも数えられます。

 

旧暦では7月7日のことで、日本ではお盆(旧暦7月15日前後)

との関連がある年中行事でしたが、明治改暦以降、お盆が

新暦月遅れ8月15日前後を主に行われるようになったため

今では関連性が薄れています。

 

SPONSORED LINK

 

日本の七夕祭りは、新暦7月7日や月遅れの8月7日

あるいはそれらの前後の時期に開催されているところが多いです。

 

古くは、「七夕」を「棚機(たなばた)」や「棚幡」と

表していました。

そもそも七夕とはお盆行事の一環でもあり、

精霊棚とその幡を安置するのが7日の夕方であることから

7日の夕で「七夕」と書いて「たなばた」と発音するように

なったともいわれています。

 

全国的には、短冊に願い事を書き葉竹に飾ることが

一般的に行われている。

 

a2

 

短冊などを笹に飾る風習は、夏越大祓に設置される

茅の輪の両脇の笹竹に因んで江戸時代から始まったもので、

日本以外では見られないそうです。

 

織姫と彦星

日本の七夕の伝説として[織姫と彦星]のお話があります。

a3

「昔々、天の川のそばには天の神様が住んでいました。天の神様には、織姫と言う一人の娘がいました。織姫は機を織って、神様たちの着物を作る仕事をしていました。織姫がやがて年頃になり、天の神様は娘に、御婿さんを邀えてやろうと思いました。色々探して見つけたのが、天の川の岸で天の牛を飼っている、彦星という若者です。彦星は、とても立派な若者でした。織姫も、かがやくばかりに美しい娘です。二人は相手を一目見ただけで、好きになりました。二人は結婚して、楽しい生活を送るようになりました。でも、仲が良過ぎるのも困りもので、二人は仕事を忘れて、遊んでばかりいるようになったのです。すると、天の神様のもとへ、皆が文句を言いに来るようになりました。「織姫が機織りをしないので、皆の着物が古くてボロボロです。早く新しい着物を作って下さい」「彦星が世話をしないので、牛たちが病気になってしまいます」神様は、すっかり怒ってしまい「二人は天の川の、東と西に別れて暮らすがよい」と、言って、織姫と彦星を、別れ別れにしたのです。でも天の神様は、織姫があまりにも悲しそうにしているのを見て、こう言いました。「一年に一度だけ、七月七日の夜だけ、彦星と会ってもよろしい」 それから、一年に一度会える日だけを楽しみにして、織姫は毎日、一生懸命に機を織りました。天の川の向こうの彦星も、天の牛を飼う仕事に精を出しました。そして、待ちに待った七月七日の夜、織姫は天の川を渡って、彦星の所へ会いに行きます。」

 

憧れの古都「京都」で七夕!

a4

 

京の七夕

開催期間

2015年8月1日~8月10日

 

会場

堀川会場

 

京都市営地下鉄東西線「二条城前駅」の

堀川遊歩道にて開催されます。

 

開催中はいろんなイベントを催しています。

早いものでは9時からやっているものもありますが、

19時くらいから始まるものが多く、

ライトアップも夕方から点灯されます。

 

ほとんど無料(飲食代は別途)で楽しめますが

一部有料のものもあります。

 

a5

見所はいろいろありますがなんといっても

二条城のプロジェクションマッピングは是非見てみたいものです。

 

 

世界文化遺産・二条城ライトアップ2015〜百花繚乱〜 / 京都いいとこ動画

 

鴨川会場

a6

 

京阪本線「祇園四条」か「三条」または阪急電鉄「河原町」下車で

御池大橋~四条大橋間で開催されます。

 

こちらもイベントが目白押しでライトアップと共に

夕方から開催されるものが多いです。

飲食代以外に一部有料のものがあります。

 

こちらも三条~四条間の左岸にて

プロジェクションマッピングをやりますが

鴨川会場では竹カゴに京の伝統技術を用いた鴨川会場の

シンボリックな灯りの「風鈴灯」がおすすめです。

 

風鈴灯の近くでお香を焚き、香りの演出も行い、

光と香りの情緒たっぷりの空間を創りだします。

 

京の七夕・鴨川会場~風鈴灯・七夕飾り・光のオブジェ』@京都市

 

周辺のお寺や神社もこの時期はイベント盛りだくさん

(一部有料のものもあります)

 

a7

[清水寺]七夕飾りやお焚き上げ

[高台寺]夜の特別拝観や茶会

[圓徳院]特別拝観

[六道珍皇寺]先祖の精霊を現世に迎え入れる六道まいりを開催

[八坂神社]七夕祭や夕涼みコンサート

[貴船神社]七夕笹飾りライトアップや七夕奉納ライブ

[晴明神社]特別拝観

 

古の歴史が色濃く残る街「京都」

a8

 

家族や友人あるいはカップル、どんなシチュエーションでも楽しめそうですね。

普段と違った七夕の夜が味わえそうです。

 

 

スポンサーリンク

関連記事

京都ミシュラン三つ星のお店は?コスパのビブグルマンもご紹介!

ミシュランの意味 星が輝くのはお店の上でなく、お皿の上。 日本でも、レストランの格付

記事を読む

絶対後悔しない「京都・葵祭」マニュアル 日程&コース詳細

葵祭とは 葵祭は京都三大祭のひとつで、我が国の祭のうち最も優雅で 古趣に富んだ祭として知られ

記事を読む

京都「時代祭」の見どころ&詳細情報〜「時代行列」の有料観覧席情報までご紹介!

時代祭とは 時代祭は、平安神宮の創建と平安遷都1100年祭りを 奉祝する行事として、1895

記事を読む

子供が主役の地蔵盆はどんなイベント?いつやるの?由来について

夏休みの終わりは地蔵盆! 長い夏休みも終わりに さしかかった頃に、 最大で最後のイベン

記事を読む

ゲストハウスとは何?メリットは?京都の町家に宿泊しよう!

ゲストハウスってご存知ですか? 聞いたことがあっても詳しく知らない方も多いと思います。

記事を読む

五山送り火(大文字)2015!おすすめ穴場スポットは?

荘厳な夏の夜を演出する「五山送り火」 夏の夜空に燃え盛る五山送り火は、お盆の精霊を送る宗教行事です

記事を読む

京都一周トレイルの距離やコースをご紹介!日程と概要について

京都一周トレイルはどんなコースなの? 京都一周トレイルは、京都の東南、伏見稲荷から、比叡山、大原、

記事を読む

五山送り火(京都)2015!大文字おすすめ観賞スポットはどこ?

夏の京都はイベント目白押しです! 七夕、灯篭流し、祇園祭、千日詣り、 鵜飼などどれも人気

記事を読む

京都のお花見スポットとおすすめグッズ

春だ!桜だ!お花見だ! 今年の桜は何処で見る? 人気スポットの穴場でじっくり桜を鑑賞しよう♪

記事を読む

舞妓変身体験特集!着物で京都の花街を歩こう!着物パスポートでお得メニューも!

「舞妓」に手軽になれる舞妓体験とは? 舞妓と芸者の違いって? せっかく京都に行ったら着物を着よう

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

冬の野菜といえば白菜!栄養や選び方は?白菜のおいしい食べ方のコツとは

  白菜は冬の代表的な野菜です。 栄養も

どうしてひなまつりにちらし寿司を食べるの?ちらし寿司の由来からアレンジレシピまで!

3月といえばひな祭りですね。 ひな祭りは女の子の行事で女の子

2017年の恵方は北北西!?恵方巻の食べ方のルールを守って福を呼び込もう!

節分に食べると縁起が良いと言われている太巻きを 恵方巻き

あなたは誰にあげる?本命から友チョコまで、バレンタインの知りたいこといろいろ!

バレンタインの時期が来ると、 そわそわしてしまう男性も多

お歳暮はいつ頃送ればいいの?喜ばれるものは?知っておきたいマナーと心得

年末に忘れてはいけないのがお歳暮。 日頃お世話になってい

→もっと見る

PAGE TOP ↑