*

キャベツの栄養効果がすごい!相性の良い食材と簡単レシピ!

サラダ、野菜炒め、スープ、

お好み焼きなど、

オールマイティーな食材キャベツ!

無題

安くて美味しくて体にも良い食材

上手に使い切るテクニックや

相性の良い食材あなたは知っていましたか?

 

一年中食べられるキャベツ

キャベツは、一年生植物として、

一年を通して手に入ります!

 

キャベツは丸く玉になる

イメージが強いですが、

品種によって丸くなるものと

ならないものがあります。

 

キャベツはケールカリフラワー

ブロッコリーなどと同様に

品種改良を経ているため、

多くの品種がありビタミンC

ビタミンUが豊富です!

 

キャベツが属するアブラナ科

野菜にはがん予防効果があるそうです!

イソチオシアネートという

物質に発癌や腫瘍化の

抑制効果が期待されています!

無題1

元々キャベツは

ポルトガルやスペイン辺り、

(ヨーロッパの南西)に住んでいた人々が

薬草利用していたそうです。

古代ギリシャ古代ローマでは

胃腸薬代わりの健康食として食べていたようです。

SPONSORED LINK

胃腸に良いって本当?

キャベツに含まれるビタミンU

消化性潰瘍の改善をはやめたり、

胃粘膜の保護、胃の血流を良くしたり

様々な効果があります。
ビタミンUは正確にはビタミンではなく、

体内でも生成される成分で

胃腸薬「キャベジン」の主成分です。
「薬に頼りたくない!」という方は

普段からキャベツを

摂取することをおすすめします!
ストレスによる胃の不調、

寒さによる胃痛、

食べ過ぎによる胃もたれなどに

効果が期待されます。

 

相性の良い食材あれこれ

✿ビタミンを食材

トマトにはビタミンCやビタミンE、

リコピンが含まれていて、

抗酸化作用があり、老化や

生活習慣病の抑制効果もあります。

無題2

トマトのリコピン

カロテンのような働きを持つので、

キャベツと一緒に食べると、

キャベツの効果を高めてくれます。

 

この他にも、相性が良い食材には、

ビタミンCが豊富なじゃがいも。

加熱調理に向いていて、

でんぷんによって満腹感が得られます。

 

同じくビタミンCが豊富な

グレープフルーツ

クエン酸やナリジンという

苦味成分によってさわやかな味がします。

 

カロテンが豊富なにんじんを使うと

彩りが良くなって甘味も出るので

キャベツとの相性がgoodです!

 

豚肉にはビタミンB1

牛肉ならビタミンB2鉄分

鶏肉にはビタミンA

コラーゲンが豊富に含まれていて

これら食材もキャベツと相性がいいです。

無題3

ただ、キャベツとささみは

相性が良いですが、

お互いが淡白な味なので

調味料を工夫して味つけしましょう。

料理によっては物足りない

味となることもありますね。

 

焼肉やステーキのように、

味の濃い肉料理にキャベツを

一緒に使うことで味にメリハリをつけるといいですね。

 

特に蒸し料理や煮込み料理では、

じっくり料理することで

肉のうまみがキャベツに

しみこむのでキャベツの旨さが引き立ちます。

 

✿乳製品

それから、キャベツに乳製品を使うと、

クリーミーなやさしい味になりますよ。

中でも生クリームやチーズを使うと、

濃厚な味になって、

あっさり味のキャベツと相性抜群。

無題4

キャベツにはカルシウムの働きを助ける

ビタミンKが含まれているので、

乳製品との組み合わせはおすすめです。

 

あまり乳製品を使わないような

ロールキャベツやパスタなどにも、

ほんのちょっとだけ牛乳や

生クリームを加えるだけで、

コクや風味が違ってきます。

 

✿魚介類

キャベツの料理では、

鮭やツナ、あさりなど、

意外と魚介類を使っていることが多いんです。

無題5

魚介類には、たんぱく質やビタミン、

ミネラルが豊富に含まれています。

 

鮭ならビタミンDやカリウム

ツナならカリウムやリン

あさりならビタミンB12という具合。

 

また、鮭やまぐろにはDHAEPAという、

脳の働きを高めたり、

血液をさらさらにする効果があります。

 

普段なかなか魚を食べない人も、

キャベツと一緒に食べると

相乗効果があっていいですね!

 

✿たまご

卵にはたんぱく質、ビタミンA、

カリウム、カルシウムなど様々な栄養が

豊富に含まれています。

無題6

卵に含まれるレシチンは、

コレステロールを取り除いて

血液をさらさらにしたり、

脳や神経を活発にするといった働きがあります。

 

卵はコレステロール値が高いと

いわれていますが、

健康な人なら多少多く摂っても

問題ありません。

 

キャベツと卵を使った料理も、

お好み焼きやスープ、卵とじなど、

いろんなバリエーションがありますね。

 

キャベツを上手に使い切るレシピ

✿キャベツ1玉使いきりモツ鍋✿

無題7

材料

モツ・・・・・・・・・適量

モツ鍋のたれ・・1~2パック

にんじん・・・・・・1/2本

タマネギ・・・・・・1~2個

キャベツ・・・・・・・ 1玉

ニラ・・・・・・・・・・1束

ごぼう・・・・・・・・・1本

 

作り方

モツは洗って鍋に入れタレを入れる

ごぼうをささがきに切って

鍋に入れ一煮立ちさせる

野菜を切ってキャベツ、ネギ、

にんじん、ニラの順番で並べ煮る

最初は強火で沸騰したら

中火で15~20分煮て出来上がり

(アクは随時取り除く)

くわしい作り方はコチラ★

 

✿キャベツの使いきりサラダ✿

無題8

材料

キャベツ・・・・・・・1/4個

塩・・・・・・・・・・2つまみ

ツナ・・・・・・・・・・・1缶

胡麻油・・・・・・・・大さじ1

醤油・・・・・・・・・大さじ2

にんにく・・・・・・・小さじ1

豆板醤・・・・・・・小さじ1/2

白ゴマ・・・・・・・・・・適量

 

作り方

キャベツを粗めの千切りにして

塩を振って揉んでおく(しんなりするまで)

残りの材料を入れて

混ざり合ったら出来上がり

詳しい作り方はコチラ★

 

✿簡単ロールキャベツ✿

無題9

ロールキャベツをコンソメスープと

豚バラ肉だけで簡単に作ります。

火を使わず全てレンジだけの作り方も紹介しています。↓↓↓

 

生で、炒めて、蒸して、煮てと

料理の可能性が無限大なキャベツ様!!

美味しくて体にも良くて、

手軽に手に入る食材です。

是非今晩のおかずに使ってみてください!

 

スポンサーリンク

関連記事

冬至ってどんな意味があるの?カボチャを食べるのはなぜ?カボチャを使ったレシピをご紹介!!

冬至にカボチャを食べる奥深い理由に、 カボチャレシピの一つのカボチャの煮物の作り方 冬至ってなに

記事を読む

人気のふりかけランキング!美味しい手作りふりかけのレシピも!

白い御飯のお供といったら? 梅干、卵、納豆、おしんこ、佃煮 いろいろありますが や

記事を読む

夏の汗対策!汗をかかない&止める方法はある?食事で体質改善!

デートなどで手汗が気になって 手をつなげない! という経験ありませんか? &nbs

記事を読む

生ゴミ臭を発生させない消臭対策5つ!正しい捨て方も!

生ゴミのニオイの元は雑菌です! 雑菌が繁殖しやすくなる条件は、 湿気(水気)とある程度の

記事を読む

家庭菜園を始めてみませんか?お勧めの野菜〜ポインセチアの育て方まで

自分で育てた植物でお家を飾ろう! 自分で育てた作物でパーティーしよう! 春夏秋冬四季折々

記事を読む

節約は家計簿のつけ方できまる!おすすめ家計簿アプリはこれ!

  今はレシートの写真を撮るだけで 家計簿をつけられる 時代になりました

記事を読む

高価買取されるテレホンカードは?テレカで電話料金が払えるの?

テレホンカードって今でも使えるの? テレホンカードは今でも使えます! 取扱店もセブンイレブン

記事を読む

ファスナーが壊れた&外れたときのQ&A!修理方法や対処法!

噛んだファスナーを治す方法 生地がスライダーにくい込んで 動かなくなった時は、 逆方向

記事を読む

リンス・トリートメント・コンディショナーの違いと効果とは?!

シャンプーで髪と頭皮を洗った後、 リンスやコンディショナー、 トリートメントなどで

記事を読む

梅雨を快適に過ごすおすすめグッズをご紹介!湿気&カビ対策!

今年も梅雨の季節がやってきました! 不快指数が急上昇です!(>_<)

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

冬の野菜といえば白菜!栄養や選び方は?白菜のおいしい食べ方のコツとは

  白菜は冬の代表的な野菜です。 栄養も

どうしてひなまつりにちらし寿司を食べるの?ちらし寿司の由来からアレンジレシピまで!

3月といえばひな祭りですね。 ひな祭りは女の子の行事で女の子

2017年の恵方は北北西!?恵方巻の食べ方のルールを守って福を呼び込もう!

節分に食べると縁起が良いと言われている太巻きを 恵方巻き

あなたは誰にあげる?本命から友チョコまで、バレンタインの知りたいこといろいろ!

バレンタインの時期が来ると、 そわそわしてしまう男性も多

お歳暮はいつ頃送ればいいの?喜ばれるものは?知っておきたいマナーと心得

年末に忘れてはいけないのがお歳暮。 日頃お世話になってい

→もっと見る

PAGE TOP ↑