ビール、ハイボール、

冷酒、チュウハイ

夏はお酒が美味しい季節です。

無題

暑いときのキンキンに冷えたビールは

たまらないですね!

だけど、美味しいからって

飲みすぎには注意ですよ!

 

急性アルコール中毒とは?

急性アルコール中毒は、

短時間に多量のアルコール

摂取することによる中毒です。

血液中のアルコール濃度に比例します。

 

アルコールはを麻痺させる

性質があり、脳の機能を阻害します。

最終的には生命維持にかかわる

脳の中枢部分までもを麻痺させてしまいます。

 

呼吸機能や心拍機能

停止させて死に至ることも!!

 

血中アルコール濃度が0.4%を超えると、

1~2時間で約半数が死亡するそうです。

急性アルコール中毒患者の45%は

20代の若者で、2/3が男性、1/3が女性です。

 

このように急性アルコール中毒は、

脳の麻痺が原因であり、

その症状は摂取したアルコールの量と

血中のアルコール濃度に比例します。

無題1

通常、お酒を飲むと

「ほろ酔い期」→「酩酊期」→

「泥酔期」→「昏睡期」という順で、

徐々に血中アルコール濃度が上がります。

 

本人も「酔い」の自覚があり、

飲みすぎると足元がふらつく、

吐き気などの症状が出ます。

ですから、自分自身で飲酒量を

コントロールすることは可能なんです。

 

しかし、飲酒してから

血中アルコール濃度の上昇には

時間差があるため、

短時間で大量の酒を飲むと、

酔っている自覚なしに

危険な量のアルコールを

摂取してしまうことがあるのです。

 

この場合、一気に「泥酔期」

「昏睡期」に到達してしまいます。

無題2

飲み始めてから1時間以内に

泥酔状態になった場合の

酒量としては、

1時間に日本酒で1升、

ビールで10本、

ウイスキーでボトル1本程度を

飲んだ場合でしょう。

こういう飲み方は

急性アルコール中毒になりやすいです。

 

生命にかかわるので

無茶な飲み方はしないようにしてください!

急性アルコール中毒にならないための3つのこと

1.ゆっくり飲む

飲み始めてから酔いを自覚するには

ある程度の時間がかかるので、

飲み始め30分程度は

ゆっくり飲むようにしましょう。

 

2.空腹時を避ける

空腹時はアルコールの吸収が

早まります。

アルコールの吸収を遅らせる

蛋白質や脂肪分を含んだ

つまみを食べながら飲酒するといいでしょう。

 

3.自分のペースで飲む

一気飲みなどはせずに、

他人にも強要しないこと。

 

酒の強さには個人差があります。

体調によっても

酒の回りが変るので

体調がすぐれない時は無理に飲酒しない。

 

こんな場合はすぐ救急車を

・意識がない

・呼吸に異常(浅く速い呼吸や

 あまりにもゆっくりした呼吸など)

 

以上の症状は危険性が高いので

すぐに救急車を呼びましょう。

もし、心肺機能の停止が見られたら

心肺蘇生法人工呼吸

心臓マッサージAEDの使用等)

を施して下さい。

 

「心肺蘇生法とAEDの使い方」

 

激しい嘔吐、吐血がある場合にも

救急車を呼んだ方がよいでしょう。

 

明らかに飲酒量が多く、

早いスピードで飲んで

酔いつぶれた場合には、

生命にかかわる危険があるので

すぐに救急車を呼ぶことです!

※その際、意識のしっかりした

付添人が1名必要です。

 

酔いつぶれてしまったら

救急車を呼ぶ程ではないが、

酔いつぶれて寝てしまった場合は

がのどに落ち込んだり、

嘔吐物がのどに詰まって

窒息する危険があります。

 

頭と体を横にする回復体位

必ずとらせ呼吸をしているかを注視しましょう。

 

体温低下を防ぐため

毛布を掛けるなど保温に気を配る。

 

急性アルコール中毒は

水分を取らせて排尿や発汗

アルコールを早く体の外へ

排出させるとが有効的です。

 

新成人になった方は勢いあまって

飲みすぎることが多く、

急性アルコール中毒になりやすいそうです。

無題4

酔いを自覚し、気分が悪くなったら

酒量を抑えたり、アルコール以外の

物を飲むように自制しましょう。

お酒は楽しく安全に飲みましょうね♪