オメガ脂肪酸の種類ごとの

違いや特徴をご紹介します!

 

とくにオメガ3

オメガ6・オメガ9との

違いについて詳しく解説していきます。

1

オメガ脂肪酸とは?

オメガ脂肪酸は「脂肪」という

言葉から、身体によくないもの、

避けた方がよいものという

誤解を持たれてしまうことが

少なくありません。

 

しかし、実際は逆で、

オメガ脂肪酸はダイエットを筆頭に、

身体の調子を良くするために

積極的に摂取すべき成分なのです。

 

そもそも人間が摂取する油脂には

大きく分けて、

飽和脂肪酸不飽和脂肪酸

あります。

 

それぞれの違いを簡単にまとめると、

次のようになります。

 

*飽和脂肪酸:

牛肉や豚肉、乳製品など

動物性の脂肪に多く含まれ、

取り過ぎに注意しなければならないもの。

 

*不飽和脂肪酸:

植物や魚類から抽出され、

善玉コレステロールを増やすなど、

身体によい効果がある。

 

つまり、一口に食用油といっても、

身体によいものと悪いものがあり、

不飽和脂肪酸は良い油となります。

 

そしてオメガ脂肪酸は、

不飽和脂肪酸に属しています。

ただし、不飽和脂肪酸も

摂り過ぎず適量がよいでしょう。

オメガ3.6.9について!おすすめはどれ?

オメガ脂肪酸を細かく分類すると、

オメガ3,オメガ6、オメガ9

という3つに分かれます。

 

大まかな特徴は次の通りです。

 オメガ3:

アマニ油、シソ油、魚の脂肪など。

中性脂肪を減らし、

善玉コレステロールを増やす。

 

オメガ6:

ベニバナ油、コーン油、ごま油、

サラダ油、マヨネーズなど。

悪玉コレステロールを減

らす効果はあるが、

善玉コレステロールも

減らしてしまう他、

アレルギーなども促進してしまう。

 

オメガ9:

オリーブオイルやキャノーラオイルなど。

悪玉コレステロールを減らし

また酸化しにくい特徴があるため、

加熱処理をする食材との

組み合わせに向いている。

 

不飽和脂肪酸は

人間の身体にとって

不可欠な成分です。

そのなかでも積極的に

摂取したい成分が、

他ならぬオメガ3です。

無題

ちなみに、イヌイットの人々は

オメガ3脂肪が多く含まれる

アザラシや海鳥、鯨、カレイやサケ

を好んで食べます。

 

そのためイヌイットの人々は、

心臓、血管系疾患

ほとんでないそうです。

 

 

オメガ3を摂るには、何を食べればいいの?

オメガ3を多く含む食材には、

いわし・さばなどの青魚、くるみ、

緑黄色野菜、亜麻仁油、荏胡麻油、

紫蘇油、豆類などがあります。

 

これらの食品を使った食物を

日常的に取れば摂取できます。

毎日の食事に

ぜひ取り入れてくださいね!