カンフーアクション俳優の

ブルース・リーをご存知ですか?

 

ジャッキーチェンより以前に

カリスマ的存在として

活躍していました☆彡

 

今回はブルース・リについて

ご紹介します!

無題

★ブルース・リー★

アメリカ、カリフォルニア州

サンフランシスコにて、

広東演劇俳優の家庭

5人兄弟の次男として生まれる。

 

TVシリーズ「グリーン・ホーネット」

に出演。

そのシリーズが香港で

爆発的なヒットを飛ばしたことから、

71年、香港に戻り

「ドラゴン危機一発」を始め

数本の主演作を撮り

カンフーブームの立役者となった。

 

しかし、1973年

「ブルース・リー/死亡遊戯」

中断して制作した「燃えよドラゴン」

公開直前に謎の死を遂げてしまった。

 

武道家ブルース・リーの哲学的名言

ブルース・リーはいくつもの名言

残しています!

 

「考えるな、感じろ」

何かについて考えすぎると、

それを成し遂げることは

到底不可能である。

 

物理的であれ、なんであれ、

いつも自分のやることを

制限してしまうと

それはあなたの行動、

人生にも広がってしまう。

 

限界などない、

停滞期があるだけだ。

そこに留まってはいけない。

 

「パンチに予備動作を

加えてはいけない、瞬時に打て」

常に自分自身であれ。

自分を表現せよ。

自分の中に信念を持て、

行動に裏打ちされた

現実的な夢追人であれ。

 

「並の強さは歯を食い縛る程度の

努力で得られるが、

それでは人並みだ。

並みの強さは努力で誰でも得られる。

だがその上を目指すのであれば

限界を超え続けなければならない

https://youtu.be/um7tggeflLA

「優れたフットワークは、

どのようなパンチやキックも打ち負かす」

 

「三つの鍵はシンプルさ、直接性、自由

 

「武道家は二つの問いかけを

する必要がある。

自分が何をしたいのか。

何が最速でもっとも効率的に

目標を達成できるか

 

スタイルは、我々の考えを

固定化させてしまう。

というのは、パンチやキック

出す時にもその流派のやり方で

行われなければならないからである。

 

しかし、その方法というのは、

経験や理論

裏打ちされたものではない。

 

それは誰かが何世紀も前に考えたもので

それが今でも素晴らしいとは限らない。

スタイルとは、絶対的なものではないのだ。

 

ブルース・リーの名言はまだまだ

あります!

 

「増やすな、捨てろ」

「ある人物のことを知りたければ、

他の誰かと一緒に行動している時の

様子を観察すれば良い

 

「他人を傷つけないようにしよう。

私は自ら進んで人を傷つけようとは

思わないし、たやすく傷つけられるつもりもない」

 

「人間はいつも成長している。

人間はパターン化された思考を

行動によって、行動を制限されると

成長をやめるものだ」

 

「知るだけでは不十分だ。

実際に応用しなければならない

意識があるだけでは不十分だ。

実行しなければならない。」

 

「皆が隣人を救うのなら、

救済のない人は存在しない」

 

あなたの胸に響く言葉はありましたか?