カリカリ梅用の梅の選び方

小梅や中くらいの梅を漬ける

方法を紹介します。

 

品種は甲州最小竜峡小梅

天満紅梅などがおすすめですが、

白加賀などの中くらいの

梅でも作れます。

✿材料・道具

生梅:1㎏

カリカリ梅を作る際、

何よりも大事なことは“鮮度”です。

 青くて堅い梅でないと、

上手く漬かりません。

 

卵の殻:2個分

内側に付いている薄皮

 きれいに剥がして、水洗い

その後、天日にあてて良く乾かす

1~2日干して、

カラカラになったものを砕いて、

ガーゼに包んで使います。

 

卵の殻のカルシウムによって

カリカリ度が増すのです!

 

粗塩(赤穂の天塩を推奨):

100g~120g(10~12%)

 

竹串:なり口を取るのに使います

ガーゼ:卵の殻を入れます

フリーザーバッグまたは密封容器

重石:500g~1㎏

(ペットボトルや小石、容器に合わせて)

無題

✿作り方

1,なり口を取った梅を、

1~2時間水につけてアクを抜く

アク抜き後、ザルなどで乾かします。

 

2,普通の梅干しの作り方と同様に、

漬け樽の底に軽く塩をふって

梅を一列に並べる

ここで用意しておいた

ガーゼにくるんだ卵の殻を入れます。

 

3,その後、並べては

塩をふってを繰り返します。

(上にいくにしたがって

塩の分量を増やす)

並べ終わったら焼酎をまわしかけ、

残った塩をふります。

最後に落とし蓋をして、

重石を載せます。

 

4,梅酢が上がってくるまで、

早くても3日程かかります。

 

毎日1~2回、重石と落し蓋を取って

平均的にお塩がまわるように、

容器をゆすって下さい。

 

5,梅酢が落とし蓋の上まで

上がってきたら、重石を半分にして、

冷蔵庫に入るくらいの

小さな容器に移し替えます。

 

6,1ヶ月もしたら、

重石は外して、完成。

そのまま冷蔵庫で保存できますが、

3ヶ月で食べきった方が

美味しく食べられます。

 

 

カリカリ梅を使った料理レシピ

★カリカリ梅の大根サラダ

材料

大根:中1/2本

刻みカリカリ梅:40g

酢:大さじ2

オリーブオイル:大さじ2/3

みりん:大さじ1

ゴマ:適宜

鰹節:適宜

 

作り方

1,大根は、皮をむいて細切りにする。

2,ボウルに、刻みカリカリ梅、酢、

オリーブオイル、みりん、

いりごまを入れ、混ぜ合わせる。

3,細切りにした大根を

2に混ぜ合わせる。

4,3にかつぶしを入れ、

混ぜ合わせる。

5,器に盛れば完成です。

 

★カリカリ梅じゃこご飯

材料

ご飯:150g

カリカリ梅:3個分

大葉:3~4枚

ちりめんじゃこ:10g位

焼き海苔:適宜

 

作り方

1,カリカリ梅をみじん切りにする。

2,大葉は千切りにする。

3,熱々のご飯に刻んだカリカリ梅、

大葉、いりごま、ちりめんじゃこを混ぜる。

4,焼き海苔を散らして完成。