*

クーラー病の症状と治し方は?夏の冷え対策は体質改善から!

夏で暑いはずなのに体の冷えが

気になりますか?

それは、冬よりもタチの悪い

夏の冷え性「クーラー病」かも!

 

冷え性対策で体質改善を

始めましょう(●^o^●)

 

クーラー病って?

最近の夏の暑さときたら

昔と比べ物になりませんね。

朝起きた時から30度近くあったり、

夜でも30度を越えていたり・・・。

 

日中の最高気温もそのうち

40度に届きそうな勢いです。

そんな暑い夏にクーラーなしでは

とても生活できません。

無題

ただ、クーラーのかかっている場所に

長時間とどまっていると

体の不調を招く原因になるのです。

 

それが、冷房病とも言われる

エアコンによる体の冷えすぎが

原因で起こるクーラー病です。

 

一日中冷房の効いている室内で、

デスクワークなどあまり体を動かさない

方、特に女性に多いようです。

 

SPONSORED LINK

クーラー病の症状とは?

冷え性の症状とほぼ同じでしょう。

頭痛・肩こり・腰痛・疲労感・

倦怠感・食欲不振・不眠・

むくみ・手足のしびれ

腹痛・自律神経の不調など

無題

冷え性対策をすれば大丈夫と

思いがちですが、

問題はそんな単純ではありません。

 

まず季節が違うので

基本的には夏なので暑いです。

しかし、

体の感覚としては冷えを感じません。

 

でも体自体は冷房に対しての

冷えを感じているので

上記のような症状が起こります

 

重症化すると、

冷房がかかっているところに

来るとすぐ体の調子が

崩れてしまいます。

 

夏なんて、どこもかしこも

冷房がかかっているので、

どこにも行けなくなってしまいます。

 

こうなってしまうと大変です。

夏になると日常生活がまともに

送れなくなってしまう人もいるのです。

 

クーラー病の原因

クーラー病の原因は

ずばり「冷え」なんですが、

冷房が効いているところと、

冷房が効いていないところの

温度差で身体の体温調節機能が

おかしくなっていると言われます。

 

体温を調節しているのは

「自律神経」なので、

自分の意思ではコントロールが

できない部分なのです。

 

ちなみに寝ている時に

心臓や呼吸が止まらないのは

「自律神経」のおかげなのです。

 

「自律神経」は温度差が

5度以上あるところを

行き来していると、だんだん

体温調節が正常に機能しなくなり

それがクーラー病の原因に

なっているといわれています。

 

最近では温度差が10度以上の日も

あるので、自律神経はいっぱいいっぱい

な状態かもしれません(>_<)

 

あと、外部からの冷えも含め、

夏場は冷たい物を飲む機会が多く、

体を冷やしがちです。

これも、クーラー病に拍車をかける

原因となっています。

 

クーラー病の冷え対策

無題1

1人ならクーラーを消したり

設定温度を上げられますが

オフィスなどでは自分で

空調管理ができませんね。

 

カーディガンやひざ掛け、

靴下やスカーフ、場合によっては

貼るホッカイロなどを使って

自力で冷え対策しましょう。

 

身体が冷える人は日常的に

腹巻などを積極的に使って

お腹(内臓)も冷やさないように

心がけましょう。

内臓温度が低いと

体温が上がりづらいそうです!

 

クーラー病の予防

★普段から体を冷やさない。

★冷たいものは控え、

飲料などは常温で飲む。

1日3食しっかり食べる。

★ダイエットなどで食事を抜くと

夏バテの原因に。しっかり食べて

体力をつける

栄養バランスの良い食事

夏の旬の食べ物は体を冷やす

作用があるので注意する。

体を温める食べ物・ 体を冷やす食べ物

 

シャワーだけでなく湯船に浸かる

無題2

ぬるめの38度くらい

肩まで浸からなくてもいいので、

お腹まで浸かる半身浴で。

 

20分~30分くらい入ると

血行がよくなって身体が温まります

ぬるめの温浴は暑がりの方も、

熱の放出がされやすくなるので

おすすめです。

 

自律神経の働きも落ち着くので、

その後の睡眠もぐっすり

寝られるようになり、

疲れも取れるでしょう。

冷え性に効くツボ★詳しくは↓↓

冷え性改善.biz/improve/tsubo

 

冷えは万病の元と言われています。

一説には冷え性体質の方には

がんになる方が多いなどとも

いわれています。

 

現代人は食生活やストレス、

運動不足や睡眠不足などで

体の不調を訴えている方が多いです。

 

体調を崩す前に生活習慣を

改善できればほとんどが

未然に防げるそうです。

これを知ってしまったら

実行するしかありませんね!

 

 

スポンサーリンク

関連記事

体が柔らかいメリットと効果とは?180度開脚ができる方法!

体が柔らかいことで得られる 様々なメリットがあります! 体が柔らかいとこんないいこと

記事を読む

ヴィーガンとベジタリアンは違う!!簡単にできるヴィーガンレシピを教えます!!

ヴィーガンとベジタリアンの違い ベジタリアンという言葉を耳にした人は多いと思いますが、ヴィーガンと

記事を読む

初心者も簡単な体幹トレーニングの方法3つ!ダイエット効果は?

今、体幹トレーニングが 話題となっています!   体幹とは人間の身体の

記事を読む

妊娠初期に摂りたい葉酸の効果とは?葉酸が多い食材ランキング!

葉酸とは? 葉酸は、ビタミンB群の一種です。 妊娠初期に葉酸が不足すると、 胎児の発育

記事を読む

足底筋膜炎を確実に完治させるための治療!! マラソンを楽しむランナー必読!

マラソンの競技選手などに多いと言われる スポーツ障害に「足底筋膜炎」が有ります。 ランニング動作

記事を読む

こむら返りに効く漢方薬!閉塞性動脈硬化の可能性も?足がつったときの対処方法徹底解説

夜中に急に足がつり、痛さで目が覚めた経験はありませんか? 今回はその対処方法を徹底解説していきます

記事を読む

マウスピース歯列矯正法の費用や期間は?メリットについても!

透明で目立たないクリアライナー 「歯並びを治したいけれど、歯に金具をつけるのはちょっと….」と

記事を読む

あなたは大丈夫?シミ・シワの原因は紫外線!食べ物で改善できるって本当?

小麦色の肌が健康的なのは昔の話 間違った思い込みで将来取り返しのつかない事にも。 外側だけじゃな

記事を読む

早めの対策を!爪水虫の原因と症状は?薬や治療法について!

爪の水虫(爪白癬)ってどんな病気? 爪水虫(爪白癬)は爪が白く濁る、分厚くなるといった症状がみられ

記事を読む

本当にバナナは健康にいいのか!バナナ豆知識

バナナは高カロリー? バナナはビタミンCやビタミンB6などのビタミン含有量が多く、 1本あた

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

必読!!ワンクリック詐欺の請求に対する正しい対処法はこれ!

ネットで検索をしていたりすると たまに「ワンクリック詐欺」に遭ってし

今さら聞けない!格安スマホって?格安スマホランキング!選び方のコツもご紹介!

今さら聞けない!格安スマホって? スマホ利用料金を格安にできると

謎の秘密結社フリーメイソン!その実態は?5つの必要条件をみたせば入会できる!?

皆さんは「フリーメイソン」という団体をご存知でしょうか? 今はあ

年間で8000円も節約できる!残り湯洗濯のススメ!

皆さんは残り湯洗濯というものを聞いたことがあるでしょうか? 残り

残ったマニュキュアや香水どうしてる?正しい処分法を解説!爪もおうちもこれでクリーン♪

女性が爪をおしゃれにするときにかかせないのがマニキュアですよね。

→もっと見る

PAGE TOP ↑