だんだんと歳をとってくると、近くのものや遠くのものが見えづらくなってきますよね。
俗に言う老眼というものです。

この老眼なのですがいろいろな原因でなったりするそうです。

そこで今回は老眼についていろいろとご紹介したいと思います。

【なぜ老眼になるの?】

目の中には「水晶体」というカメラのレンズのような役割をするものがあります。
近くのものを見るときには水晶体が伸び、遠くのものを見るときには水晶体が緩みます。

この水晶体は年齢とともに動き自体がかたくなり、伸び縮みすることが難しくなってきます。

これが老眼の原因なのです。なので老眼鏡やメガネは水晶体の役割を助ける一つの道具なのです。

【近視の人も老眼になる?】

よく近視の人は老眼になりにくいと言われていますが、近視の人でも老眼にはなるんです。

さきほども書きましたが水晶体の老化は年齢とともに進行していくので
近視の人でも同じように老眼になります。

近視の人はメガネをはずせば、水晶体がピントを合わせなくても
最初から近くにピントがあっているので、老眼だということに気づきにくいのです。

このことからメガネをかけなくても近くの者はよくみえるため
「老眼鏡を必要とする時期が遅い」という認識から
「近視の人は老眼になりにくい」という誤解が生まれたのです。

【近視でコンタクトをしてる人が老眼になったらどうすればいい?】

近視でコンタクトレンズを付けていて、老眼になった場合には
コンタクトレンズを使わずに老眼鏡だけを使うことをおすすめします。

その理由としては眼鏡だと近くのものが見えづらくなったときに、すぐに外せるからです。

その反面コンタクトレンズはメガネよりもかなり外す時間がかかるので、あまりおすすめはしません。

しかし極度の近眼だという場合にはコンタクトレンズを使用している方もいるようです。

もし老眼になってもまだコンタクトレンズを使いたいという方は。
一度眼科に行って医師に相談をするのも一つの手だと思います。


老眼は治る!視力回復トレーニング+直観力を鍛える方法

老眼とうまくつきあって、幸せな日常を送りましょう!