いびきに悩んでる人は意外と多いのではないでしょうか。
彼女や奥さんに嫌がられた、彼氏と初めてお泊りするのにいびきが心配…など悩みは様々です。

その他にいびきをかくと、睡眠不足になったり
酸素不足など健康を脅かすこともあるのです。

今回はそんないびきについて原因や解決法をご紹介していきます

どうしていびきをかくのか?

いびきの原因は様々です。いびきを防止するには原因を知ることが大切です。

  • 肥満…脂肪が首を圧迫
  • あおむけ寝
  • 鼻がつまっている…自然と口呼吸になり、鼻呼吸より気道がせまくなる
  • あごが小さい…あごの小さい人は噛む力が弱く、顎周りの筋肉が弱く下を支えられず舌が気道をふさぐ
  • 扁桃腺肥大…扁桃腺が気道をふさいでしまう
  • 女性ホルモンの減少…女性ホルモンには舌を支える筋肉を緊張させる作用があるが、ホルモンの減少で筋肉が弱まり舌を支えられず、気道をふさぐ
  • 飲酒の服用…飲酒や薬の種類によっては、筋肉を緩めてしまうため、舌が落ち気道をふさぐ
  • 病気…今までいびきをかかなかった人が、慢性的にかくようになる原因に病気が隠れている場合がある

何かひとつでもあてはまるものはありましたか?

いびき防止方法ランキング

  1. いびき防止グッズを使う…ブリーズライト、マウスピース、鼻マスクなど
  2. 枕や寝相を変えてみる…枕を低くしてみたり、横向きで寝てみる
  3. ダイエット…痩せることで首周りの気道を圧迫している脂肪を減らす

いびき・無呼吸対策編(2)「マウスピース・いびきくん効果検証、そしてまさかの真犯人」

いびきに潜む危険

いびきをかく人の中には、無呼吸症候群となっている人がいます。
寝ている間に10秒以上呼吸が止まる状態が一晩に何度も続く人は睡眠時無呼吸症候群といい

それが続くと、体内の酸素が減り、酸素不足を補うため心拍数が上がり
心臓や脳に負担をかけ大きな病気へとつながる場合があります。

また心拍数が上がると、体や脳は常に覚醒状態となり
日中強い眠気に襲われたり
疲労感・集中力の低下へとつながります。

いびき防止アプリ

最近では、いびき対策としてアプリを利用する人が増えてきました。
最も人気のあるアプリはいびきラボ。iPhone・iPad、Andoroidで使えます。

睡眠中のいびきを録音できて、起きてから自分のいびきを確認することができます。
とても感度がよく、しっかりと録音することができるのでおすすめです。
グラフでも表示してくれるので、録音だけでなく表で確認することも可能です。

このアプリを使って自分自身のいびきをチェックしていびき対策をしましょう。