カレーは、老若男女問わず好きな人も多い王道の食事であり
保存が効き、家庭にとっても効率的な優れもの。

そして保存が効くだけでなく
次の日のほうが美味しいという噂があるというほどです。

しかし、保存ができるからといって
いつまで冷凍保存ができるのか?
『美味しく食べられる』期間はいつまでなのか?
意外とアバウトな知識です。

そこで、保存期間から冷凍の利点
美味しく冷凍するコツ
賞味期限、美味しい解凍方法のコツをご紹介します!

まず、我が家ではカレーは次の日の昼までにして
2日目にうどんにしたり鍋にしたりして3日間が最長です。
冷蔵だと、2日間が限度です。

2日目に菌が発生しますので、食中毒とはいかないまでも
胃腸が弱い方は、腹痛を起こします。

冷凍は、約1カ月が目安と言われます。
けっこう長いですよね。
衛生的には1カ月で問題はないのですが
野菜が崩れてしまうのは どうしても仕方がないことでしょう。

冷凍する利点(便利さ)は?

上記にも記載しましたが

  • 衛生面
  • 日持ちがする
  • いろんなメニュー(カレーうどん、カレーなべ)にアレンジできる

これが主なメリットかと思います。
特に私も一人暮らしの時にカレーを一人分というのは
逆に作るのが難しかったので、冷凍は必須でした。

しかし、これには美味しく冷凍できる方法があるのです!

美味しい冷凍方法・コツ

一人暮らしで何度もカレーの冷凍保存をしましたので
こちらに関しては何度か手を変え工夫をしました。
主には、

  • ジップロック
  • タッパー

ではないでしょうか? 共通して一番大切なのは
いかに空気をいれないで保存するか』ですね。

よくなんとなく味わう冷凍ならではの 酸化した味がするのは
この空気が入ったか入らなかったかが分かれ目です。

そしてなるべく小分けにします。
ひとつの大きなタッパー、ジップロックにいれるのではなく小分けにしましょう。

食べやすいメリットもありますし、空気が入りにくくなります。

そして日がたつと、どうしても具がボソボソしませんか?
冷凍だとどうしてもルーは大丈夫ですが、 野菜たちが少し劣化してるように感じます。

ですので、もったいないですが、野菜だけは取り除いて保存していました。
もうひとつのコツとしては
ラップした後にアルミホイルを巻いておくと凍るのが早くなります。

賞味期限の目安はどれくらい?

消費期限は約1カ月ですが
賞味期限とは美味しく食せる期間なので 2週間が理想ではないでしょうか?

それほど冷凍独特の味がしてくるような気がします。
また、野菜をそのままいれておくなら1週間を目安にしておくとよいと思います。
あくまでも賞味ということで美味しく召し上がれるという前提です。

美味しい解凍方法・コツ

少し工夫をして冷凍はしたので、解凍も何かコツがあるのでは?
たくさん方法はあると思います。

  • タッパーやジップロックを電子レンジで直接あたため
  • タッパーやジップロックを湯煎
  • タッパーやジップロックをカレーを食べたい6時間まえに冷蔵庫へ
  • タッパーやジップロックのまま自然解凍

それが主なやり方かと思います。
どれをするにしても、水分が飛ぶことが美味しくなくなる理由の一つです。

そこで私のおススメはやはり、レンジ直接あたため
湯煎

どちらでもよいのですが、その時間を短くして鍋に移し替えをし
そこに新しい残りの野菜を切って加えます。
これが一番美味しく再現できる方法だと私の中ではずっと行っていました!

カレーは万能な食であり、保存が効きます。
だからこそ、少しの工夫で最後まで美味しく食べたいですね!