お年玉の年齢別の相場、難しいですよね。
私も6人の甥っ子姪っ子がいて、中学生・小学生・幼稚園・未満児がいますが
それぞれの相場があると思います。

それぞれの家によっても、お年玉をあげる側の立場が違えば金額も変わってくるとは思います。
今回はお年玉をもらえる方の年齢にピックアップして
年齢別の相場を一般的にご紹介してみます。

お年玉の年齢別の相場

まだ小学校未満の6歳までの金額です。

一般平均として1,000円程度といわれています。
その中でも500円というのも同じくらいの割合であるようです。
そもそもこのくらいの年だと、未就学の児童の親に渡すようなものですもんね。

そして、小学生の低学年です。
1~4年生あたりです。ここは、2,000円~3,000円というのが最も一般平均です。
3,000円が一番多いようではありますが
とにかくは、1,000円以上になるのがこの低学年の相場のようです。

小学生の高学年になるとやはり1,000円というのは、忍びないですよね(;一_一)
3,000円が最も多い相場です。

中学生にもなるともう自分で買い物ができる年齢。
それなりにかかってきますね。
ほとんどが5,000円と言われます。

そして最後に高校生
高校生にもなるとさすがに金額は大きく上がり、10,000円
しかし、5,000円という方も次いで多いようですよ。

ですので目安としては、5,000円以上と考えられると無難ですね。

甥っ子、姪っ子などまでとなると足し算していくと大変ですね(;一_一)

お年玉をあげる際のマナー

あげる側なのでそこまで気を使う必要もないのですが
子供にあげるものだからと言って不躾にあげるよりは最低限のマナーは必要かと思います。

・お金は裸で渡さず、ポチ袋に入れる。
もしくはその場になければせめて何かに包んであげるということです。

・夏目漱石の顔が書いてある側を内側にたたむようにおります。
左を先におり、右をかぶせるという順で三つ折りにして、ポチ袋に入れます。

・期間としては、1/1~1/7までの間に渡すのが常識的です。

・喪中があったとしても、渡してあげましょう。

その際に気をつけるのは、おめでとうという言葉を使わないということですね。
子供に対しての気づかいなので神経質にはならなくてもよいのですが
子供の親御さんのことも考えて最低限の知識として知っておくとよいかと思います。

何歳まであげるべき?

これも一般的には・・というところであり、家庭や親せきによって、地域によって少し差はありますね。
まずいつからあげるのか?

・孫には産まれた年からと言われます。
これはお母さんへ子育てに必要なお小遣いという意味のほうが強いみたいですね。

・甥っ子、姪っ子、親しい友人の子供には3歳くらいからと言われます。
渡して理解できる年齢ですね。しかし、友人、知人というところであれば
3歳くらいはお菓子やおもちゃにするというパターンが多いようです。

そして、何歳まであげるのか?に対しては、最も多いのは高校生まで
または大学生まで
。要するに学生の間は・・という感じです。
ただ、大学生は家庭によって違うようですね。

お年玉はその家庭、地域によっては違うものですが
今まで自分の子供がもらった金額、自分の時にもらっていた金額
もしくは兄弟であればお互いに話し合っておいてというのも
効率的で気兼ねもしなくてよいかなと思いますね(*^。^*)