季節の変わり目になると、風邪をひきやすくなってしまいますよね。
気温の変化からか、体がその変化に順応するまでに時間がかかるから
風邪をひきやすくなるそうです。

もし風邪をひいてしまったときに、早く治すためにはどうしたら良いのでしょうか?
今回は「風邪」についていろいろと調べてみました。
それではいってみましょう!

風邪を早く治すためには

風邪を早く治す方法はたくさんあります。
これはあくまで参考程度に留めてくだされば幸いです。

まず風邪の初期症状には市販の薬よりも葛藤湯が効くといわれています。

葛藤湯には体温を上げる効果があります。
これによって体の中にあるウイルスを弱らせるという効果が期待できます。

朝昼夜の3回、食事の後に服用します。
この点は薬と変わりませんね。

風邪に効くおすすめの食べ物

風邪をひいたときには柑橘類緑黄色野菜がおすすめです。
柑橘類にはビタミンCやビタミンAが含まれています。
これらの成分が風邪のウイルスを弱らせる働きをしてくれます。

柑橘類ではないのですが、も風邪の時にはおすすめです。
柿はみかんの約30倍のビタミンCを持つといわれています。

なので柿を一個食べるだけでその日に必要なビタミンCをすべて摂取することができます。
あまり食欲が出ない時などにはとてもおすすめですよ!

風邪をひきやすくするNG習慣

最後に風邪をひきやすくしてしまうNG習慣をいくつか紹介したいと思います。

まずは缶詰の食べ過ぎはNGということです。
缶詰の中にビスフェノールA(BPA)という有害物質が使用されていることが多いです。
アメリカの研究機関によると、BPAが体内の免疫機能を弱体化するということが報告されています。

もう一つは甘いものの食べ過ぎはNGということです。
甘いものには砂糖などが多く使われていますよね。
砂糖を過剰に摂取してしまうと、体内の免疫機能を低下させてしまいます。
季節の変わり目の時にはなるべく、甘いものは食べ過ぎないようにしましょう!

風邪を一日で治す方法

風邪をしっかりと治して、いつも通りの生活に戻りましょう!