この冬を超え、春が来ると少し切ない卒業のシーズンが訪れます。
親の立場である方も、卒業をする自分自身の方にとっても大切な行事ですね。

その卒業にあたり、各学校で卒業式が行われます。
卒業式での服装は、華美なものは避けますが、ワンポイントであれば
少しおしゃれをしていきたいところですよね!

そこでNGを避けておしゃれを考えた時、手頃なアイテムとして
コサージュがあります!
今回はコサージュのご紹介をします。

卒業式ではつけてはいけないコサージュ

もともとコサージュとは、喜びを伝えるために胸元に飾るようになったものです。
素材としては、シルクオーガンジーなど優しい素材が良いですよね。
綿や麻などのカジュアルな素材は避けた方が良いですね。
必ずジャケットの生地を同じにしなくても大丈夫です。

コサージュには造花と生花がありますが、生花
フォーマルだと言われますね。
そのコサージュの周囲に付いているアクセントアイテムに関しても
パールなどが一般的かつフォーマルですね。

逆に避けたいのは、スパンコールやベルベッドなど華美なものや
季節感としてずれているものは避けた方がよいでしょう。

さて、一番悩み且つ、おしゃれとして悩む、はどうでしょうか。

卒業式にふさわしい色

まずおススメの色ですが、淡い水色、淡いピンク、ベージュあたりが
上品且つ清楚であり、優しい色合いなので、素敵ですね。

ですので、逆の濃い色を避けましょう。
もちろん黒などはNGですね。

併せて原色系の色も卒業式では避けましょう。
青でも真っ青や群青、紺色などは避けた方がよいですね。

では付ける場所に相応しくない個所や
付けるべき個所があるのでしょうか?

コサージュの付ける位置

特に確実な決まりはないのですが、左胸の少し上、鎖骨の間あたりに付けることが一般的です。
襟がある者の場合、襟に付けることもありますね。

左につけるというのは、相手のことを想うことを表します。
相手が見る分に右側に来る・・・日本人のほとんどが右利きなので
付ける側の人は左に付けると言われています。

全体のバランスをみてですが、鏡を見ながら
顔の色が映える位置など見ながら付けたらよいですね。

さらに、胸の上で鎖骨あたりに付ける理由として
見る側の人の視線の位置が高くなるので、付けている人の顔がより縦長に
さらにシャープなラインとして見えるのでラッキーです(●^o^●)