洗濯したときに服やズボンにしわがある時ってありますよね。
しかしどうやったらしわが取れるかわからない、伸ばしたら余計にひどくなるかもなどなど…。
いろいろな不安があると思います。
今回は「洗濯しわ」についていろいろと調べてみました。

それではいってみましょう!

洗濯しわの原因

洗濯しわの原因というのはいくつかあります。
それは服の素材と洗濯物の量、そして脱水時間が関係しています。

まずは服の素材についてです。
薄手の生地や綿、シルク100%の服はしわが付きやすい素材に分類されます。
服についている洗濯マークをよく見てみると、手絞りのようなマークがついている時があります。
このマークはしわが付きやすいということを意味しています。

続いては洗濯物の量です。
洗濯物の量が少ないと、服同士がこすれあって、摩擦が増えてしまいます。
これが原因でしわになりやすくなってしまうのです。

最後に脱水時間です。
脱水時間が長いと、しわがつきやすくなってしまいます。
脱水時間はだいたい1分~2分ほどで十分です。

洗濯しわの伸ばし方

続いて洗濯しわの伸ばし方についてご紹介したいと思います。
脱水が終了して洗濯かごに移す前に、一度大きく振って簡単に畳むようにしましょう。畳むときは半分にしてからなど雑でも構いません。

そして洗濯物をハンガーなどに掛けたあとに、手で服を軽くたたきましょう。
これだけでも洗濯しわはだいぶ伸ばすことができます。

洗濯しわの予防法

最後に洗濯しわの予防方法についてご紹介します。
まずは洗濯物の量を多めにすることです。
少し多いかな…?と感じるぐらいが丁度いいですね!

洗濯ネットを使うのも、洗濯しわを予防する一つの手です。
洗濯ネットは衣類別に分かれているので
自分の衣類にあったものを見つけましょう。

100円ショップにいくと、たくさんの洗濯ネットがあると思うので
そこで探してみるのもいいかもしれませんね!


洋服のシワを簡単に取る裏技

洗濯しわを予防して、イライラとおさらばしちゃいましょう!