そろそろ秋も終わりに近づき、冬の季節を迎えようとしています。
冬の時期になると必要になるものはたくさんありますよね。
ストーブやタイヤの買い替えなどなど…。

今回は全ての人が必要と言っても過言ではない、ストーブの紹介をしたいと思います。

今回ご紹介するのは「石油ファンヒーター」についてです。
それではいってみましょう!

石油ファンヒーターの寿命はどれくらい?

石油のストーブはすぐに部屋が温まりやすいということもあり
雪が多く降る北海道や新潟県などでは、未だに重宝されています。

石油ファンヒーターの寿命は6年ほどとされています。
というのも家電製品には法定耐用年数というのが決められています。
そしてストーブ系の家電はだいたい5~6年前後が法定耐用年数なのです。

なのでこのストーブは気に入ったから10年は使い続けるぞ!というのは
企業側からしたらあまりおすすめできない使い方ということになりますね。

もし一つのストーブを長く使いたいという方は
企業に問い合せて「法定耐用年数を迎えたのだがどの部品を交換したらいいのか教えて欲しい」と聞けば、対応してくれますよ!

買い換える時期の見極め方

先程も言いましたが家電製品には法定耐用年数というのが定められています。
なので法定耐用年数を迎える一年ほど前に買い替えのことは考えておいた方が良いでしょう。

買い替えの時には予め予算を決めておいて、どの種類のストーブを買うのかも決めておくと良いでしょう。
ストーブを使う時期になって急いで買ってしまうと
自分が欲しい機能のストーブではなかったということがよくあります。

また自分の欲しかったものが売り切れているという可能性もあるので
早めに購入することをおすすめします。

寿命を延ばす使い方

寿命を延ばす使い方としては、部品を交換し続けるということです。
長く使い続けると言っても、やはり部品は劣化してしまうものです。
メーカーや買った家電量販店などに電話をして部品があるかどうか確認しましょう。

ストーブの型番によってはもう生産中止をしている可能性があります。
その時は部品を取り扱っているところは少ないので
新しいストーブに買い換えましょう!


【石油ファンヒーター】一部屋に一台!オススメの理由は…?

ストーブを買って暖かい冬を過ごしましょう!