菱餅・・・
あまり聞かなくなりましたが、私の子供のころは
3月3日の節句の日には必ず飾ってあり、そして食べましたね。

ひな人形の飾りにも、つくりものの飾りとしても菱餅は必ずありました。

菱餅の由来とは?

その名のとおり、菱形であること。
ただ、なぜ菱形かというと心臓の形だから・・という云われがあるようです。
その他、菱の実の形であるというのもあります。

イメージとしては3色の菱餅の場合は、赤は魔よけ、桃の節句の桃
白は子孫繁栄や長寿、緑は厄除け、健康という意味を成しています。

5色や7色のものは、意味というより見た目の華やかさを重視してつくられたものです。
しかし、一応黄色は月、オレンジは太陽を表すと意味付けはされているようです。

ひな祭りに食べられるまたは飾られるようになったのは、中国のお餅に由来するようです。
その餅には母子草という草を使用しているとのこと。
そのまま、母子ともに健やかにすごせるようにという願いが込められていました。
そして、それが日本に伝わり、日本ではよもぎを使うようになったようです。

その後、江戸時代に菱の実を入れ、白い餅が加わって2色になったようです。

その後明治になるとクチナシをつかうことで赤のお餅もはいり、3色が仕上がったようです。
歴史の上がれで変わっていってできたのが菱餅であり
子供に対して健やかに育ってほしいという願いから
桃の節句には欠かせないものになったようです。

菱餅の食べ方

焼き餅として食べる、ぜんざいとして食べるなど餅料理としてであれば万能ではないでしょうか?
しかし上記でもお話したように菱餅は縁起物でもあります。

角がとがっている菱形なのは魔よけですので
したがって角をちぎりながら食べると良いとされています。
ですので、どんな調理法にするにしても、包丁で切るのではなく
手でちぎってつくる、その作法さえ行えば、焼くなり
煮るなりは好みで良いとおもいます。

レシピはどのようなものがあるの?

季節柄、3月なので、お雑煮というわけにもいきません。
焼き餅、ぜんざいは王道ですが、それ以外にどんなものがあるか・・・。
なんと!ひなあられにする!という方法があります!
干したりして少し時間はかかりますが、この季節にぴったりですね!お子様も喜ばれるとおもいます。

他には、薄力粉や片栗粉などを使い、ういろうに近いデザートまでも作れます!
3月は桃の節句なので、デザートに変身させる餅料理がうれしいかもしれないですね!