結婚式に行くとご祝儀というものを用意しなければなりません。
しかし初めての結婚式でご祝儀の準備の仕方がわからない…。
そんな方は意外と多くいます。

今回は「ご祝儀」についていろいろと調べてみました。
それではいってみましょう!

結婚式のご祝儀の相場は?

結婚式のご祝儀ってどれくらい払えばいいの?と友達や同僚に聞くのは恥ずかしいですよね。
今更聞けないって感じもありますし…。
実はご祝儀の相場は新郎新婦との関係性によって変わってきます。

まずは友人や知人などの場合は、3万円程から。
兄弟や姉妹などの親族の場合は、5万円程からとなっています。
個人的な感想としては意外と少ないなと感じました。

しかし高額な金額を渡してしまうと、相手も困ってしまいますからこれぐらいが丁度良いのでしょう!

ご祝儀のマナー

ご祝儀袋にはいくつかマナーがあります。
例えばご祝儀袋を包むひもについてです。
ひもは一度結んだらほどけない「結びきり」というのが一般的です。
もしひもが取れてしまうと、縁の切れ目と連想してしまいますからね。
ひもの結び方は絶対に間違わないようにしましょう!

そしてご祝儀袋に入れるお祝い金にも気を付けることがあります。
お祝い金には新札を使わなければなりません。
ご祝儀袋の書き方などに気を取られて、このことを忘れる人が多いみたいなので、気を付けましょう!

詳しくは以下のサイトに載っているので、こちらをご参照ください。
https://wedding.rakuten.co.jp/guest/goshugi/writing/ 
楽天ウェディング

ご祝儀袋の書き方

ご祝儀袋を包む「中袋」というものが存在します。
この中袋には表面には金額を書き、裏面には自分の名前と住所を書かなければなりません。

表面に金額を書く際は、必ず漢数字を使用しなければなりません。

一 → 壱
ニ → 弐
三 → 参
五 → 伍(五でも可)
七 → 七
八 → 八
十 → 拾
万 → 萬
円 → 圓(円でも可)

詳細についてはこのサイトに載っているので、ご参照ください。
http://bridal.fudemame.net/manners/congratulatory/inner/


金封・祝儀袋の使い方 お金の包み方【さん・おいけ】

正しくご祝儀のマナーを守って、新郎新婦に感謝の意を伝えましょう!