*

日焼けに良い食べ物は?してしまったらどんなケアをすれば良い?

女性が夏に気にするものと言えば「紫外線」ですよね。
最近は温暖化のせいか、紫外線が強くなってきているようなので、今までよりも注意しないといけません。
日焼けに関しての悩みはたくさんあると思います。
そこで今回は「日焼け」についていろいろと調べてみました。
それではいってみましょう!

日焼けした日は何をすれば良い?

まず日焼けした日には肌をしっかりと冷やすことが重要です。
日焼けはやけどの一種だと考えられています。
そのまま放置しておくと肌が荒れやすくなったりする可能性があるので
しっかりと冷やしましょう。

しっかりと冷やしたら日焼けしたところにたっぷり化粧水で水分補給をしてあげます。
そのあとに乳液などで肌を保護しましょう。
海に行くなど事前に日焼けするとわかっている場合には、化粧水を冷蔵庫で冷やしておくことをおすすめします。
そうすることで冷やすと肌への水分補給を同時に行うことができるので
時短につながります。

おすすめの日焼け止めクリーム

次にご紹介するのは今人気の日焼けクリームをいくつかご紹介します。
まずはANESSAのSPF/PAです。

こちらの商品はPA++++ととても紫外線カットの比率が高いです。
なので炎天下の中でスポーツをする人などにおすすめの商品です。

次にご紹介するのはウォータープルーフです。

こちらは水や汗などに濡れても落ちにくい成分を配合しています。
なので海やプールなどに行く際にはこれ一つあるだけで大丈夫なんです!

日焼けに良い食べ物

日焼けにはビタミンCがよく効くとされています。
ビタミンCと聞くとほとんどの方がレモンを思い浮かべると思います。
しかしレモンよりもビタミンCを多く含むものがあるんです!
それは「いちご」なんです!!
夏の日にはいちごを常備しておくといいかもしれませんね。


半分日焼け止め、半分日焼けクリームで日焼けしてみた

この夏は日焼け対策をしっかりとして
白い肌のまま夏を乗り超えちゃいましょう!

関連記事

花粉症は4人に1人!予防法や改善に効く6つの食べ物

今年もやってきました花粉の季節 今年はいつから?今年は何が効くの? なぜくしゃみや目が痒くなるか

記事を読む

血糖値を管理しよう!血糖値を正常に保つ食生活とは

血糖値を知ってますか? 血糖値は、健康診断で行なわれる血液検査の項目です。  

記事を読む

人気のマラソン、落とし穴!日本人の3大国民病の一つが膝の痛みです!予防ををしって正しく運動しましょう

人気のマラソン、でも落とし穴が! 日本人の3大国民病の一つが膝の痛み なぜ膝が痛むのか?どうした

記事を読む

初めての白髪染めのポイント!ヘアカラーとの違いは?白髪は何歳から?

初めての白髪染めのポイント! 初めての白髪染めで、 何に気をつけたらいいのか? 大きく

記事を読む

低血圧の症状と改善方法について!寝起きの悪さとの関係は?

低血圧とは 低血圧の症状には、頭痛、めまい、 立ちくらみ、肩こり、動悸などがあります。

記事を読む

老眼になる年齢や症状は?予防法はある?遠視との違いについても

老眼って何だ? 近視と対極にある遠視は、老眼と同じ様に近くのモノが見づらいですね。 では、老

記事を読む

インフルエンザの潜伏期間は?予防接種はいつすればいいの?対策もご紹介

毎年、秋から冬にかけて流行るインフルエンザ。 高熱が出て、関節痛や筋肉痛などの症状があるた

記事を読む

近眼の人も老眼になる?老眼のメカニズムを徹底解説!

だんだんと歳をとってくると、近くのものや遠くのものが見えづらくなってきますよね。 俗に言う老眼とい

記事を読む

主婦必見!!常備しておきたいおかず・保存がきくおかず!働くママに嬉しいメニューをご紹介!

  我が家で保存や作り置きをいるもおかずは、漬物や焼き魚などです。 常備しておきた

記事を読む

ハーブの効果・効能とは?摂る上で気をつけなければいけない注意点も

ストレスが多くたまりやすいと言われている現代社会。 人間関係や上下関係などなど…。ストレスがたまる

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日焼けに良い食べ物は?してしまったらどんなケアをすれば良い?

女性が夏に気にするものと言えば「紫外線」ですよね。 最近は温暖化のせ

コッペパンの発祥は?おすすめの具材や専門店をご紹介

皆さんは朝食に何を食べるでしょうか? 日本人は大きく分けてパン派とご

マカダミアナッツの効果は?特徴を理解して健康な美を手に入れよう

最近美容界で肌に良いと話題になっている、マカデミアナッツオイル。 一

毛布を自宅で洗う方法は?保管方法も

冬になると毛布ってよく使いますよね。 しかし冬が終わると同時に使わな

温泉へ行こう!子どもを異性の湯に入れるのは何歳まで?

子供連れでもゆっくり温泉を楽しみたいママさんはとても多いはず! でも

→もっと見る

  • bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で
PAGE TOP ↑