読めばすぐわかる!決定版残暑見舞い

1

そもそも残暑見舞いって何?

7月初旬、梅雨明けの声が聞こえるようになると本格的な暑さが到来します。
この時期出すのが暑中見舞い、文字通り最も暑い時期に出すのが暑中見舞いで
この時期を過ぎて出すのが残暑見舞いとされています。

暑中見舞いを実際いつ出すかについては色々な説があります
小暑(7月7日頃)から立秋(8月7日頃)の前まで
夏の土用(7月20日頃)、梅雨が明けてからなどです。

暑中見舞いとはそもそも「厳しい夏の暑い時期の安否うかがい」です。
その意味では梅雨が明けて夏らしくなった頃から出すのがいいでしょう。

梅雨は通常西から順に東へと明けていくので
出す相手の梅雨開けに着くようにすることも心づかいです。

暑中見舞いを出すのが遅れ立秋(8月7日頃)を過ぎた時
その時は残暑見舞いを出せば大丈夫です。

両方出す必要はありません

出す時期に合わせてどちらかを選んで下さい。
年賀状を出すのが遅れて松の内を過ぎた時、寒中見舞いを出すのと一緒です。

具体的にどんな文が良いの?

立秋を過ぎた8月末頃ですので、暦の上では秋ですが
まだ厳しい暑さが続いているので相手を気遣う、というのが基本です。

残暑見舞いには「拝啓」や「敬具」などの頭語、結語はいりません。
たとえビジネス上の相手にたいしても同様でかまいません。

具体的な文例

最初に残暑見舞いの言葉(たとえば「拝啓」で書出して「敬具」で結ぶといった体裁は不要)

・残暑お見舞い申し上げます。

次に安否を気づかう言葉(毎年、年賀状や残暑見舞いだけのやりとりになっている友人には
「ご無沙汰いたしております、お元気でいらっしゃいますか」などの近況をたずねる文でも良い)

・お元気でお過ごしでしょうか。
・お変わりございませんか。
・お健やかにお過ごしでしょうか。
・お変りなくお過ごしでしょうか。
・いかがお過ごしでしょうか。

続いて近況など(これが一番相手の心に残る部分です,
あなたの近況をぜひ先方にお伝えしましょう)

・いつになく張り切りすぎて早くも夏バテ気味です。
・おかげさまで今年は家族とのんびり過ごしております。
・その節は大変お世話になり感謝いたしております。

最後に先方を気づかう言葉(自分の身体や健康状態に気をつけることを「自愛」といいます。
「お身体をご自愛下さい」とう表現は重複表現となりますので避けて下さい)

・どうかご自愛下さい。
・どうかくれぐれもご自愛下さい。
・ご自愛下さいませ。
・御身大切に。

日付(詳細な日付「平成◯◯年◯◯月◯◯日」は用いないのが通例です)
・平成◯◯年盛夏

これで完璧な残暑見舞いとなります
おっくうがらずに是非、出してみましょう