*

今年はどの夏祭りに行こうか?あなたの好きな屋台は?浴衣を着てテンションアップ!全国の人気夏祭りをご紹介。

今年はどの夏祭りに行こうか?

全国の人気夏祭りをご紹介。

これを知ってると自慢できます「盆踊りのルーツ」

あなたの好きな屋台はどれでしょう?

 

夏と言えば海・プール・花火とイベント目白押しですが夏のお祭り「夏祭り」の時期でもあります。

1

地元の盆踊りみたいのもあれば、全国から何万人も集まる全国区のお祭りもありまして賑やかですね。

最近は若い人も浴衣を着ている姿を良く見ます。風情があっていいですね。

2

浴衣なんか着てお祭りに行けばいつもよりテンション上がる事間違いなしですね。

そんな浴衣を着て行ってみたいお祭りを調べてみました。

 

SPONSORED LINK

北海道

北海道三大祭の一つで根室で開催される「根室金刀比羅神社例大祭」。

北海道と言うと冬や雪のお祭りのイメージが強いですが、このお祭りは8月に開催されます。

派手なお神輿や山車が街中を練り歩きます。(例年8月9日~11日開催)

www.nemuro-kotohira.com/-大-/

 

2013 根室金刀比羅神社例大祭

 

東北

青森や弘前の「ねぶた祭り」が有名ですね。和紙で作られた巨大なねぶたは見ていて迫力があります。

(8月2日~7日開催)

http://www.nebuta.or.jp/

青森ねぶた祭り 2014

 

仙台の七夕祭り」は日本で最大の七夕祭りです。

豪華絢爛な笹飾りは必見。(8月6日~8日開催)

http://www.sendaitanabata.com/

仙台七夕まつり

 

東京

赤坂の日枝神社の山王祭、神田明神の神田祭とともに江戸三大祭の一つに数えられている「深川八幡祭り」。

「ワッショイ、ワッシヨイ」の伝統的な掛け声と「水掛け祭」の別名通り、沿道の観衆から担ぎ手に清めの水が浴びせられ、担ぎ手と観衆が一体となって盛り上がるのが特徴です。

(毎年8月15日中心に開催)

www.tomiokahachimangu.or.jp/htmls/maturih1.html

 

富岡八幡宮例大祭の深川八幡祭り

www.youtube.com/watch?v=LlRETUhYPEg

 

京都

こちらも日本三大祭に数えられる「祇園祭」。

祭のハイライトは17日と24日に行われる33基の山鉾巡行。

「京都衹園祭の山鉾行事」はユネスコ無形文化遺産にされています。(7月1日~31日開催)

https://www.kyokanko.or.jp/gion/

 

 

大阪

学問の神様とされる菅原道真(すがわらみちざね)を祀っている全国の天満宮(天神社)で催される祭り「天神祭」。

命日にちなんだ7月25日前後に行われます。

大阪天満宮(おおさかてんまんぐう)を中心として大阪市で行われる天神祭が有名です。

www.tenjinsan.com/tjm.html

 

2013天神祭り 大阪天満宮

https://youtu.be/O-isIdnKQIA

 

四国

徳島の「阿波踊り」は徳島県(旧阿波国・あわのくに)を発祥とする盆踊りです。

日本三大盆踊りのひとつです。全国各地に広がっていますが、なかでも徳島市阿波おどりは国内最大規模です。

踊りのグループの事を「連(れん)」といい、有名連と呼ばれる連が多く有ります。踊るひとも観るひとも一緒になって盛り上がります。(8月12日~15日開催)

www.awaodori.net/

 

阿波おどり2013

 

四国にはもう一つ有名な「よさこい祭り」があり、毎年8月9日から4日間わたって高知県(旧土佐国・とさのくに)高知市で開催されるお祭りです。

四国三大祭りの一つです。

高知市内9カ 所の競演場・7ヶ所の演舞場で約200チーム、約19,000人の鳴子を持った踊り子が工夫を凝らし、地方車には華やかな飾り付けをして市内を 乱舞する土佐のカーニバルである。

http://www.cciweb.or.jp/kochi/yosakoiweb/

 

高知よさこい全国大会2013

 

沖縄

本土の盆踊りにあたる沖縄の伝統芸能のひとつに「エイサー」という物があり、「沖縄全島エイサーまつり」は、毎年旧盆明けの最初の週末に行われる、沖縄の夏の風物詩として日本を代表する「まつり」の一つです。
一言で「エイサー」と言ってもその形態はいくつかに分類されていて大太鼓、締め太鼓を使って地域内を踊りながら練り歩くのが一般的。(9月4日~6日開催)

www.zentoeisa.com/

 

沖縄全島エイサー祭り2013 道じゅねー (園田青年会 沖縄市)

夏祭りの代表と言えば「盆踊り」ですが、歴史は意外に古く500年前から行われてきたといわれています。

3

盆踊りとはもともとは仏教行事であり死者を供養するための行事として定着していきました。

鎌倉時代に庶民を巻き込む大ブームを引き起こしました。

それ以降は、宗教性よりも芸能に重点が置かれる念仏踊りが生み出され、人々はさらに華やかな衣装や、振り付け、道具、音楽などを競うようになりました。

鎌倉時代以降、民衆主導により新たな趣向が次々に考案され、江戸時代初頭には絶頂を極めることになります。

江戸では7月に始まり連日踊り明かしながら10月にまで続きましたが現在では深夜まで行なわれることは少なくなってきています。

明治時代にはしばしば風紀を乱すとして警察の取締りの対象となったこともあります。

盆踊りの伴奏音楽としては多く音頭が奏される。

近年は録音された音頭をスピーカーからに流して行なうことが主流になっています。

地方によって様々な種類の盆踊りが発展して現在に至ります。

お祭りと言えば屋台です。

人気の屋台ベスト5をご紹介しましょう
屋台の定番中の定番 「お好み焼き
4

 

お好み焼きと双頭の人気 「たこ焼き

5

 

ハズレのない味 「焼きそば

6

 

抜群の安定感 「フランクフルト・アメリカンドック

7

 

夏と言えば「カキ氷

8

 

それ以外にも

「じゃがバター」「わたあめ」「イカ焼き・げそ焼き」「から揚げ」「ソースせんべい」「あんずあめ」「串焼き」などあげだしたらたらきりがありません。

変わったものでは

「ケバブ」「トッポギ」「シャーピン」「タピオカジュース」など海外の食べ物の屋台も増えて来ているようでこんな所にも国際化の波がと考えさせられてしまいます。

 

規模の大小に係わらずお祭りって楽しくてワクワクしますね!

お祭りも屋台も地域によって特色があるので少し足を伸ばして遠くに行ってみるのも違う発見があって面白いかもしれません

スポンサーリンク

関連記事

エイプリルフールにこんな嘘はいかが? 面白嘘エピソード

2015年エイプリルフール到来 今までどんな嘘をつきました? こんな嘘あんな嘘面白エピソード。

記事を読む

結婚前の両親への挨拶・お土産・お礼状について「あなたはどれだけ知っていますか?」

  わからないことだらけの結婚 「両親への挨拶」しっかりできますか? 挨拶の仕方

記事を読む

マイホームが欲しい人必見!夢をあきらめないで!マイホーム購入計画をご紹介

マイホームが欲しくなったらどうすれば良いの? マイホームをそろそろ欲しいと考えた時、先ずは資金

記事を読む

中国地方の夏祭り&花火大会2015情報!おすすめはここ!

夏の楽しみといえば、 花火とおまつりですよね★ 2015年の中国地方のお祭りを ご

記事を読む

京都「時代祭」の見どころ&詳細情報〜「時代行列」の有料観覧席情報までご紹介!

時代祭とは 時代祭は、平安神宮の創建と平安遷都1100年祭りを 奉祝する行事として、1895

記事を読む

五山送り火(大文字)2015!おすすめ穴場スポットは?

荘厳な夏の夜を演出する「五山送り火」 夏の夜空に燃え盛る五山送り火は、お盆の精霊を送る宗教行事です

記事を読む

関西の三大祭2015のおすすめスポット!日程やアクセスについて!

関西では6月から8月にかけて 多くの夏祭りが開催されます。 関西は“日本三大◯◯祭”に

記事を読む

子供が主役の地蔵盆はどんなイベント?いつやるの?由来について

夏休みの終わりは地蔵盆! 長い夏休みも終わりに さしかかった頃に、 最大で最後のイベン

記事を読む

あなたは大丈夫?シミ・シワの原因は紫外線!食べ物で改善できるって本当?

小麦色の肌が健康的なのは昔の話 間違った思い込みで将来取り返しのつかない事にも。 外側だけじゃな

記事を読む

授業参観どんな服装がおすすめ?ママ友付き合いのマナーについて!

子供の授業参観日、 何を着ていけば良いのか悩む方が 多いと思います。  

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

冬の野菜といえば白菜!栄養や選び方は?白菜のおいしい食べ方のコツとは

  白菜は冬の代表的な野菜です。 栄養も

どうしてひなまつりにちらし寿司を食べるの?ちらし寿司の由来からアレンジレシピまで!

3月といえばひな祭りですね。 ひな祭りは女の子の行事で女の子

2017年の恵方は北北西!?恵方巻の食べ方のルールを守って福を呼び込もう!

節分に食べると縁起が良いと言われている太巻きを 恵方巻き

あなたは誰にあげる?本命から友チョコまで、バレンタインの知りたいこといろいろ!

バレンタインの時期が来ると、 そわそわしてしまう男性も多

お歳暮はいつ頃送ればいいの?喜ばれるものは?知っておきたいマナーと心得

年末に忘れてはいけないのがお歳暮。 日頃お世話になってい

→もっと見る

PAGE TOP ↑