*

あなたは大丈夫?シミ・シワの原因は紫外線!食べ物で改善できるって本当?

小麦色の肌が健康的なのは昔の話
間違った思い込みで将来取り返しのつかない事にも。
外側だけじゃない!内側からの日焼け対策
憧れの美肌を手に入れよう!

 

小麦色に焼けた肌って健康的なイメージですね。

14

ちょっと前には「ガングロ」なんて人達がいましたね。

最近は、直接太陽で日焼けをしなくても「日焼けサロン」っていう
室内で日焼けが出来る施設があるようなので一年中日焼けできるみたいです。
しかし最近の日差しはかなり強くて特に夏の日差しは野外で活動している人には
かなり危険です。

 

SPONSORED LINK

 

日焼けは一種の日焼けみたいなものなので
あまりひどいと火ぶくれや腫れなどになってしまいます。

短時間で一気に焼こうとするのはおすすめできません。
肌のシミ・シワの原因にもなりますし
皮膚の細胞が繰り返しダメージを
受ける事で遺伝子が損傷して皮膚がんになるリスクも高くなります。

 

日差しは真夏の7・8月が強いんですが紫外線のピーク
実は気候のいい5・6月がピークなので、陽気がいいからと
何の対策もしないで長時間、野外にさらされていると
後で取り返しの付かないことになる可能性もあります。

15

直接太陽で日焼けするのではなくて
「日焼けサロンで日焼けすれば大丈夫でしょ」という方もいます。

日焼けサロンのうたい文句は、有害な紫外線のUVBという紫外線ではなく
害のないUVAという紫外線で肌を焼くのでダメージはないというものです。
しかしながら色が黒くなるのは皮膚に傷害が起こった結果
メラニンがたくさん作られたためであって、皮膚のダメージなしに褐色の肌は得られません。

16

UVAはUVBと比べて確かに害作用は弱いのですが
それでも皮膚の細胞を損傷させます。
また皮膚の深部まで到達するという性質もあり
決して安全とはいえません。

紫外線の害はすぐには出ませんが
何十年もたってから皮膚のしみ、しわ、時には皮膚癌として出てきます。
若いときの見かけだけのために、年中日焼けサロンを利用して過剰に日焼けすることはお勧めできません。

SPFとは?

日焼け止めのオイルなんかでよくSPF~とか表示されていますよね。
あれって一体なんの数値なんでしょう?

あれは9月のお祭りの事(SePtember Festival)ではなくて

Sun Protection Factor(サン プロテクション ファクター)の略で
紫外線防御指数とも言います。これは、紫外線(UVB)を浴びた際に
皮膚が赤くなるまでの時間を何倍に長く出来るかを表したものです。

20分程度の間に何も付けていない素肌と比べて
日焼けが始まるまでの時間を何倍に伸ばすことが出来るかということです。

つまりSPF20の場合、20分×20=400分=6時間40分。
6時間40分までは日焼けが抑制されるということです。
このSPF~の数値が高ければ高いほど
肌の日焼けが始まる時間を伸ばすことが出来るのですが
その分肌への負担がかかってしまうので低めの数値のもので
こまめに塗りなおすのがベストです。

 

コパトーン CM

よく数値が高いものほど強い日差しでも大丈夫と勘違いされている人が多いようですが
あくまでも「日焼けが始まるまでの時間」の事なので余りにも日差しが強いときは
なるべく外出しないほうがいいですね。

最近はPA+という表示も良く見かけますが
これはプロテクション グレイド オブ UVA(Protection Grade of UVA)の略で
これも紫外線(UVA)を防ぐ強さの表示でPAのあとの+の数が多いものほど防止効果が高いです。

カネボウ ALLIE 2015 NEO

 

日焼けをしない方法

基本的には太陽に直接当たらないように日差しが強い時間帯は外には出ない事。

外出するなら昼の時間帯は避けて朝か夕方にしましょう。
昼の日差しが強い時間帯に外出する場合は上記の日焼け止めなどを使用しつつ、日傘や帽子・長袖の上着などを使って日差しを肌に触れさせないようにしましょう

17

肌だけではなく目も紫外線でダメージを受けて
白内障などになる原因になりますので
サングラスなどで目も保護しましょう。

18

日焼けとは炎症の一種と考えられていて
「食生活は体内の炎症に多大なる影響を与えます。
日焼け対策の大部分は炎症を抑える食生活を送ることにある」という考えもあります。

飽和脂肪・リコピン、βカロチン、ビタミンEなどの酸化防止作用のあるものが
含まれた食材をたべるといいです
トマトはリコピン、サツマイモはβカロチン・ブロッコリーなどは葉素やビタミン類が豊富に含まれています。

鮭やサバ・イワシなどには日光から肌を守る効果のあるオメガ3脂肪酸が多く含まれています。

お茶にもカテキンやポリフェノールなどの紫外線から肌を守ってくれる成分が
入っています。

日焼け止めや日除けグッズを上手く使って、日焼けに良い食材を食べて

外側内側両側から日焼け対策をバッチリして美肌を保ちましょう。

スポンサーリンク

関連記事

初めての白髪染めのポイント!ヘアカラーとの違いは?白髪は何歳から?

初めての白髪染めのポイント! 初めての白髪染めで、 何に気をつけたらいいのか? 大きく

記事を読む

インフルエンザと風邪の違いは?インフルエンザのタイプや予防法について正しく知りましょう

知ってるようで知らないインフルエンザ 風邪との違い言えますか? A型B型C型何が違うの? これ

記事を読む

主婦必見!!常備しておきたいおかず・保存がきくおかず!働くママに嬉しいメニューをご紹介!

  我が家で保存や作り置きをいるもおかずは、漬物や焼き魚などです。 常備しておきた

記事を読む

糖質オフダイエットの効果と方法は?レシピの4つのルール

ご飯や麺が大好きで炭水化物抜きなんて無理! という方もいるかもしれませんが、 そんなこと

記事を読む

世界最大規模のビールのお祭り「オクトーバーフェスト」 おいしいビールを飲みに行こう!

一年中美味しいビール そのビールのお祭り「オクトーバーフェスト」 実はビールだけじゃありません!

記事を読む

ハイキング・ピクニック・トレッキングの違いって何?自分に合った方法で無理せず楽しもう!!

トレッキングは聞くけど、ハイキング・ピクニックは聞かないなー ハイキング 健康のため、または

記事を読む

変形性膝関節症の治療や予防について!あなたの膝は大丈夫?

変形性膝関節症(へんけいせいしつかんせつしょう)とは 老化や肥満、外傷など、様々な原因により、関節

記事を読む

はじめての「手足口病」学校は休ませたほうがいい?プールで感染するのはなぜ?素朴な疑問にお答えします!

はじめての「手足口病」 手足口病の感染拡大、軽症でも学校を休ませるべきかが議論に。 イヤーな症状

記事を読む

笑うことがガン予防になるって本当?!笑いで健康効果アップ!

笑うことでガンが防げる 「笑う門には福来たる」と言われるように、 怒っているより笑っているほ

記事を読む

頭痛にならない為のAtoZ!! 危険な頭痛の見分け方!! 偏頭痛を予防する漢方薬もご紹介!!

季節の変わり目に出やすい頭痛 頭痛と言っても種類があります 危険な頭痛と危険じゃない頭痛があるっ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関西のおすすめバーベキュースポットのご紹介!おすすめ食材も!

家族サービスやサークルや会社の親睦を深めるために人気のバーベキュー。

資格を取るならこれがおススメ!勉強時間や費用もご紹介!!

「時間があるから何か資格を取りたい」、「就職に少しでも有利になるような

自宅でも簡単にぬか漬けができちゃう!変わり種もご紹介!

ぬか漬けっておいしいけど、自宅で作るのはちょっと…という方に朗報です。

ディズニーランドも協力している「メイク・ア・ウィッシュ オブ ジャパン」とは!?

老若男女も国籍も問わず大人気のディズニーランド。 そのディズニーラン

必読!!ワンクリック詐欺の請求に対する正しい対処法はこれ!

ネットで検索をしていたりすると たまに「ワンクリック詐欺」に遭ってし

→もっと見る

  • bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で
PAGE TOP ↑