ねぶた祭りの見どころや楽しみ方、会場への行き方について

日程・時間

2015年のねぶた祭りの日程は、8月2日から7日までとなります。曜日とは関係なく、毎年同日です。残念ながら、現段階では詳しい時間はわかりません。
8月2日、3日の夜に子どもねぶた、大型ねぶたの運行、4日から6日にかけて大型ねぶたの運行、7日の昼には大型ねぶたの運行、夜には青森花火大会にねぶた海上運行が行われます。

ねぶた祭りの掛け声「らっせーらー」の意味

酒又はろうそくを一杯出せというのがなまり、「イッペラッセ」となってイッペラッセの「ラッセ」が残ったものだといわれています。
私もこれに関しては謎で、ずっと疑問に思っていました。

22

有料観覧席があるなら、料金やチケットの入手方法

有料観覧席のチケット入手方法として、個人指定で窓口販売の購入の場合、料金は1800円です。販売場所は、弘前市観光館では9時から18時まで、弘前市まちなか情報センターでは9時から21時までですが、売り切れ次第終了となり、電話予約は受け付けていません。
窓口以外ではチケットぴあで予約する事が出来、予約したチケットは3日以内に、セブンイレブンや「ぴあ」ステーションで購入できます。

23

見どころ

見どころといえばやっぱり20台近くが大型のねぶたが運行するところでしょうか。私は行ったことがないのですが、あの大きさを思えば、かなりの迫力が感じられますね。更に最終日に7日に花火大会が行われる所も見どころの一つとなりそうです。他には跳人(はねと)と呼ばれる踊り子も見どころであり、誰にでもなれるのです。自分も跳人として参加できればもっとねぶた祭りを楽しめそうです。

24

会場へのアクセス

飛行機でアクセスする場合、一番近い場所となるのが青森空港です。そこから車で約14キロの距離で約30分となります。
電車で行く場合、東北新幹線だと八戸市駅までしか行かず、それ以降は特急、あるいは在来線の利用となります。
高速バスを利用する方法もあり、例えば東京からならば約9時間かかります。交通費を安く抑えるならば、高速バスを利用する事も一つの手ですね。

25

場所取りにおすすめのスポット

確実な場所取りを行うならば、観覧席を予約して楽しむ事が確実だと私は思っています。ねぶた祭りの場合、前日からの場所取りはマナー違反として禁止されています。尚、観覧席の取扱店は、チケットぴあにローソンチケット、青森ポータルサイトのポみっと!があります。