ぎっくり腰とは何だ!

突然、腰に痛みが走り、そのまま動くことが困難になることがあります。日常生活や仕事にも支障をきたすこともあるのが、いわゆるぎっくり腰です。

腰痛には、急に腰が痛くなってしまうぎっくり腰と、長い間、腰に不快感と痛みを及ぼす慢性腰痛とがあります。

ぎっくり腰は、比較的若い人にも多く、日常生活や仕事にまで支障をきたすことがあります。また、慢性的に腰へ負担をかけるような生活を送ってない人でも、ぎっくり腰に見舞われることがあります。

ぎっくり腰の原因

ぎっくり腰は、突然、腰を襲う激しい痛みです。ぎっくり腰は「急性腰痛症」の代表的な呼び名ですが、急な腰痛を起こす原因の中には、内臓の病気や脊椎の病気などもあります。

朝の洗顔で、腰をかがめた時や、重い物を持ち上げようとした時など、ぎっくり腰になる瞬間がはっきりしている人もいますが、中にはきっかけがよくわからないという人もいます。

しかし、ふとした動作やくしゃみなど、腰に激痛が走るきっかけがあり、姿勢や腰への注意力が低下している時に、ギックっと痛めてしまう話しはとても多いことです。

8

ぎっくり腰の症状は

ぎっくり腰の痛みの程度や症状は、人それぞれなのですが、共通点は動作に伴い痛みが出ることです。よく見られる症状を挙げてみます。

*動作の瞬間に腰に激痛が走り、歩くことも困難になってしまう。

*上半身を起こすことが出来ない、一旦、布団に横になると起き上がるまでに四苦八苦する。

*歩行が困難である、おじぎや体を反らすことが出来ない。

くしゃみ、咳で痛みが強まる。

寝返りが痛くて、寝る姿勢を変えるのが困難ある。

*起き上がった状態よりも、横になって膝を曲げている方が楽である。

この様な症状であれば、ぎっくり腰と思って良いようです。

病院は何科にいけばいい?

痛みが和らぐ姿勢が見つからず、じっとしていても痛みを感じる場合や、ぎっくり腰が疑われる時は、整形外科やかかりつけ医を受診しましょう。何かの病変に関連した腰痛かもしれません。

筋や骨格系に関わる痛みであれば、2~3日もすると自然と症状が和らぎ、動くことができるようになります。もし、ぎっくり腰になってしまったら、二日間くらいはなるべく安静にして過ごしましょう。寝る姿勢は横向きで膝の間に枕をはさんだり、仰向けで膝を立てたりといった自分で楽な体勢で体を休めます。

ぎっくり腰を治す方法は?

痛めた部分は温めない方が無難です。温めることにより痛みが強まります。逆に1日数回、アイスパックなどで冷やす方が楽になります。鍼灸、カイロプラクティックなどの代替医療で回復が早まる可能性もあります。
常日頃からのストレッチや体操などで、筋肉のコンデションを保つことを心がけ、ぎっくり腰の予防に務めましょう。