今年も来ますよ七五三!

女の子の着物の違いがあるって知っていますか?
それぞれの年齢の意味合いとは?
七五三の歴史・起源まるっと紹介♪

七五三のお祝いで小さい子が着物を着ている姿は可愛いですね。

でも、七五三って三歳と五歳と七歳でお祝いするっていう事はわかりますが
男の子も女の子も三回やるものなんでしょうか?
やる時期って一年のうちでいつなのか?
なぜ七五三には千歳飴なのか?
結構わからないことがありますね。

1

七五三(しちごさん)とは、7歳、5歳、3歳の子供の成長を祝う日本の年中行事なんですが、もともとは徳川綱吉の長男・徳川徳松の健康を祈って始まったとされる説が有力だそうです。
子供の成長を祝って毎年11月15日に神社・寺などに詣でる年中行事。現在では全国で盛んに行われているが、元来は関東圏における地方風俗であったようです。
それが京都、大阪でも行われるようになり、国に広まりました。

2

旧暦の15日はかつては二十八宿の鬼宿日(鬼が出歩かない日)で、何事をするにも吉であるとされた為と、旧暦の11月は収穫を終えてその実りを神に感謝する月であり、11月の満月の日である15日に、氏神様への収穫の感謝を兼ねて子供の成長を感謝し、加護を祈るようになったそうです。
江戸時代に始まった神事であるため、旧暦の数え年で行うのが正式でしたが、明治改暦以降は新暦の11月15日に行われるようになりました。

現在では11月15日にこだわらずに、11月中のいずれかの土・日・祝日に行なうことが多くなってます。
現在は「七五三」という名称から、その年齢にやる同じ行事のように認知されていますが、もともとは、それぞれの年齢で行う、別々の異なった行事であり、3つの子供の行事を、「七五三」と呼んでいました。
そのため、現在でも地方によっては年齢や祝う内容が異なるところもあるようです。
年齢で行う意味合いとしては

数え年3歳(満年齢2歳になる年)を「髪置きの儀」とし、主に女の子が行う(男の子が行う場合もある)。江戸時代は、3歳までは髪を剃る習慣があったため、それを終了して髪を伸ばすことが出来る。

3

数え年5歳(満年齢4歳になる年)を「袴儀」とし、男の子が行う。男子が5歳で初めて袴を着用し始める。

数え年7歳(満年齢6歳になる年)を「帯解きの儀」とし、女の子が行う。それまでの紐付きの着物に代わって、本仕立ての着物と丸帯という大人の装いをする。

上記の通り3歳と7歳の女の子では着る着物の種類が違ってきます。
三歳の女の子が着る着物は、三つ身の着物といって背中の真ん中にある縫い目がありません。

また着物の上に「被布(ひふ)」といわれる袖なしのベストのような上着を重ねるのが一般的です。着物は兵児帯(へこおび)を結んで被布を着ます。手元には着物の柄に合った巾着を持たせることが多いようです。
七歳の着物は四つ身の着物といい、大人の着物と作りはほぼ同じです。

4

七五三衣裳の着付け方

3歳

5歳

7歳

現代では行事に正装に準じた衣装(晴れ着)で臨み、洋服の場合もあるが和服の方が多いです。

女の子は、この時に初めて化粧をして貰う場合が多い。最近では性別問わず三回すべて行う例も散見される。

奇数を縁起の良い数と考える中国の思想の影響もあるそうです。

千歳飴は親が自らの子に長寿の願いを込めて、細く長くなっており、縁起が良いとされる紅白それぞれの色で着色されている。

千歳飴は、鶴亀(つるかめ)や松竹梅などの縁起の良い図案の描かれた千歳飴袋に入れられている。
江戸時代に浅草の飴売り七兵衛が売り出したのが始まりとされている。

七五三は普段とは違った格好でお祝いをするので、お子様にとっても大切な
記念になります。親御さんもお子さんの成長を感じられる大切な一日になります。
是非、一生の記念になる楽しい七五三にしてくださいね。