モロヘイヤについて、栄養素など

若葉を食用とし、刻んだり、茹でたりするとツルムラサキ同様、ムチンによる特有の粘りがあります。

 

カルシウム、カロテン、ビタミンB,ビタミンC,カルシウム、食物繊維などに富む緑黄色野菜の代表格で、抗酸化作用のあるクエルセチンも多く含みます。

全体的に栄養価が極めて高く「野菜の王様」の異名を持っています。

無題

インドや地中海沿岸では古くから食べられていたことが知られています。

エジプトなどで栽培が盛んであり、中東や北アフリカでは、刻んで羊肉、鶏肉、牛肉などと煮込むことが多い。

 

日本に入ってきたのは1980年代で、飯森嘉助らが「全国モロヘイヤ普及協会」を設立し、普及に努めたところが大きい。

現在では日本各地でも栽培されるが、宮城県大郷町などが産地としては特に有名です。

 

お浸し、スープ類、天ぷらなどにする他、乾燥粉末をパンやクッキーなどに練り込んでも使われています。

 

 

モロヘイヤの毒性

モロヘイアの「実」には毒があります。

市販のモロヘイヤは毒の無い若芽を摘んで出荷しているので心配はありません。

自分で栽培した場合は収穫時、さやが混じらないように気をつけましょう。

 

 

モロヘイヤ・レシピ

モロヘイヤと卵のフワトロスープ

<材料>

モロヘイヤ1/2束、卵1個、水600㏄、固形コンソメ1個、塩、胡椒小さじ1/2、ごま油小さじ1、もみのり・白すりごま適宜。

 

<作り方>

1,モロヘイヤは、葉だけ取って洗い、鍋で2分くらい茹でる

茹でたらザルにあげて水にさらして冷ましておく。

 

2,冷やしたモロヘイヤを細かく刻む。

 

3,鍋に湯を沸かし、コンソメを入れ、刻んだモロヘイヤ、塩、胡椒をする。

 

4,溶き卵を流し入れ、仕上げにごま油を入れて、火を止める。

 

5,好みで、もみのり・すりごまを入れて、出来上がりです!

 

モロヘイヤとオクラの長芋焼き

<材料>

モロヘイヤ1袋、オクラ6本、長芋250g,白いりごま大さじ1、麺ツユ(3倍濃縮)大さじ3、卵1個、小麦粉50g,ごま油適宜。

 

<作り方>

1,モロヘイヤは茎の部分の下1/3を切り落とし、細かく刻み、ボウルに入れ、レンジで3分加熱

 

2,オクラはミジン切り、長芋は100g分だけ5ミリ角に切り、1のボウルに入れる。

 

3,残りの150gの長芋をすりおろし、2のボウルに入れ、混ぜる。

 

4,麺ツユと白いりごまを入れて混ぜ、更に溶いた卵と小麦粉を入れて良く混ぜる。

 

5,フライパンにごま油を熱し、4の生地を直径7センチくらいの丸型になるようスプーン等で入れる。

 

6,蓋をして弱火で焼き、焼き色が付いたら裏返して焼き、完成です!