荘厳な夏の夜を演出する「五山送り火」

夏の夜空に燃え盛る五山送り火は、お盆の精霊を送る宗教行事ですが、京都の夏の風物詩としてあまりにも有名です。

無題

市内のビルが照明を落とす頃、市内は静寂と独特の厳粛なムードに包まれ、東山如意ヶ嶽に大の字が浮かび上がります。

 

続いて松ヶ崎西山に「妙」、東山に「法」、西賀茂船山に「舟形」、衣笠大北山に「左大文字」、最後に嵯峨鳥居本曼荼羅山に「鳥居形」が灯ります。

火が灯り続ける五山の送り火は、京の夏の終焉を飾る行事でもあります。

 

 

日程・時間

<日程>

2015年8月16日(日)

 

<時間>

大文字送り火:午後8時00分

松ヶ崎妙法送り火:午後8時05分

舟形万燈籠送り火:午後8時10分

左大文字送り火:午後8時15分

鳥居形松明送り火:午後8時20分

 

良く見えるお勧めスポット

「大文字」:賀茂川(鴨川)堤防・丸太町橋から御薗橋の間

「妙」:北山通・ノートルダム女学院付近

「法」:高野川堤防・高野橋北付近

「舟形」:北山通・北山大橋から北西

「左文字」:西大路通・四条以北から金閣寺にかけて

「鳥居形」:桂川の松尾橋や広沢池にかけて

 

船岡山山頂からは鳥居形を除く四山が見えるといわれ、全国から多くの人が集います。

 

 

穴場の鑑賞スポット

五山の送り火の見物客は平日でも10万人を超えるといわれる京都では、町中に人が溢れます。

何となく出かけてしまうと移動も大変ですし、いい鑑賞スポットは中々場所が確保できません。

なんと言っても火が灯るのはたった1時間にも満たないので、十分な下調べが肝心です。

では同時にたくさんの送り火が見たい、少しお金がかかってもと思っている貴方へ!

 

京都タワー

誰もが頭に浮かぶのが京都タワー、但し8月16日にここの展望室で送り火を見るためには、京都タワーホテルの「五山送り火鑑賞と晩餐の夕べ」プランを予約する必要があります。

ディナー・フリードリンク・展望室入場料で20000円(税込み・サービス料込み)也。

 

ウエスティン都ホテル

ウエスティン都ホテルは東山の高台に位置し、13階のテラスからは、「大文字、妙、舟形、左大文字」を鑑賞することが出来ます。

真夏の夜の特別プラン「大文字五山送り火とフレンチフルコースディナー」等のディナープランを利用すれば、送り火を優雅に楽しむことが出来ます。

 

イオンモール京都五条店(最上階駐車場)

五山送り火の多くを見ることができます。

ショッピングゾーンでスターバックスの飲み物や銀だこなどの軽食をテイクアウトして屋上に上がるのも楽しいです。

高い料金を払わなくとも送り火が鑑賞できる、京都市民の穴場スポットとなっています。