老眼って何だ?

近視と対極にある遠視は、老眼と同じ様に近くのモノが見づらいですね。

では、老眼と遠視はどう違うのか、老眼ってそもそも何なんでしょう

 

老眼とは年をとるにしたがって、近くのモノが見にくくなることを言い、老視とも呼ばれます。

無題

眼には水晶体という、カメラのレンズの様な働きをする部分があります。

近くのモノを見る時には、この水晶体の機能によって調節が行なわれ、厚みを増加させて、ピントを合わそうとします。

 

しかし、年齢とともに水晶体は硬くなるので、変形しにくくなります。

その為、近くのモノに、ピントを合わせることができなくなり、老眼が出てくると言われています。

 

 

老眼と遠視の違いは?

老眼と何となくイメージが似ているのが遠視です。

遠視も老眼と同じように矯正には凸レンズを使用します。

そのため老眼と遠視は混同されがちですが全く違います。

 

老眼は老化による調節異常で、近いところを見る時だけの問題に対して、遠視は遠くでも近くでも調節が必要とな屈折異常です。

 

老眼の場合、40歳前後からはじまる、だれもがなる目の老化で、水晶体の機能低下による調節異常です。

水晶体の弾力性が弱まり、調節力が低下した結果、近くの対象物に、上手く焦点を合わせることができない状態をいいます。

 

遠視の場合は近くの対象物の像が、網膜の後方でピントが合ってしまいます。

そのため、遠くを見る時は少しの調節で見えるのに対し、近くで見るときは強く調節をしないとはっきり見えない状態のことです。

 

老眼のサイン

40歳前後くらいから、症状が現れると言われる老眼。

その症状というものにはどんなものがあるのでしょうか。

 

*本や新聞の字が見えにくくなる(特に夕方や雨の日など薄暗いところで)

 

*近くから遠く(または遠くから近く)に視線を移した時に、ピントが合いにくい。

 

*目が疲れる。

 

*頭痛、眼痛、肩こりの症状がある。

 

*ときどき吐き気がする。

などが、代表的な老眼の症状のサインです。

 

老眼の予防

 

 

老眼はすべての人がなるもので、これをやったらならないという方法はありません。

しかし老眼の始まりを遅らせたり、老眼が進むのを阻止したりは出来ます。

 

老眼は水晶体の硬化と毛様体筋の働きが低下してなります。

原因は活性酸素の悪い影響を受け、更に加齢よって抵抗力がなくなってしまうためです。

 

その対策としては

紫外線を出来るだけ避けるため、UV加工のサングラスをかける、帽子を被る。

 

*パソコン、携帯などを見る時に目が乾いてドライアイに成らないように意識してまばたきをする。

 

*質の良い睡眠をしっかりとり、ストレスを溜め込まない

 

などがあります。