銀婚式や金婚式などの数え方

無題

結婚記念日は二人が結婚した同月同日を祝うプライベートな記念日です。

毎年あってそれぞれに名称があります。

特に有名なのは銀婚式、金婚式ですがその数え方を挙げていきます。

1年目・紙婚式

7年目・銅婚式

25年目・銀婚式

50年目・金婚式

以上が代表的な結婚記念日の名称です。

 

 

過ごし方・ランキング

結婚記念日ってみんな何をしているの?ベスト10!

 

1位:外で食事をする(レストラン、ホテル等)

 

2位:口頭で「ありがとう」「おめでとう」等を伝える

 

3位:一緒に遊びに出かける

 

4位:自宅で手作りの食事でお祝いをする

 

5位:スキンシップをする(手をつなぐ、ハグ等)

 

6位:プレゼントを贈る

 

7位:旅行に行く

 

8位:自宅でゆっくり過ごす

 

9位:おしゃれをする(服、メイク、ネイル等)

 

10位:メッセージカードを贈る

 

妻に贈りたいギフト

 

基本的に女性は愛や思いの込められた、

自分が欲しいものを望む傾向が強いようです

そんな中から5つのヒントを伝授します★

 

1,消える物より残る物

女性は消えて無くなるものより物として残るものを望みます。

結婚記念日ともなれば、思い出になるような記念の品が望ましく、

いつも眺めてその歩んだ歴史と重みにふさわしい輝きと存在感のあるものを側に置いたり

身につけていたいと思うのが一般的のようです。

そこで、指輪やネックレスなどの

アクセサリー類がトップにきました。

 

2,非日常性

ちょっと普段とは違う、お洒落をして出かけることに意義があるので、

美味しいものだったらいいだろうくらいでは、女性は物足りないのです。

多少窮屈でも夜景の綺麗なレストランなどをおすすめします。

 

3,プチサプライズ

旅行や食事に行っても小さなサプライズが必要です。

デザートのケーキに二人の思い出の言葉やモチーフが添えられていたり、

ウエルカムフラワーやアニバーサリーブーケが飾られていると嬉しいものです。

 

4,特別待遇

人は誰しもかも知れませんが、

女性は特に自分が大事にされると嬉しいものです。

結婚記念日には、是非特別待遇してくれてると

思わせることこそ、贈り物になるでしょう。

 

5,限定感

女性は物に弱いのですが、

何か限られた物に魅力を感じるようです。

限定デザイン、限定カラー、限定数等など。

 

女性並に普段からネットやスマホでアンテナを張り

情報収集するのは大変かも知れません。

日頃から仕事場の女性の同僚や後輩などに

どんな限定品があり、もらったら嬉しいかを

リサーチしておきましょう!