■ マナー・教養

歓送迎会でのマナーを抑えて出来る新入社員!宴会のQ&A


出来る社会人の第一歩!新人歓迎会を制するものは会社を制す?やって良い事、悪い事・・新入社員のうちは見様見真似で覚えていくしかないが、失敗してひんしゅくを買うこともしばしば笑

今回は、知っているようで案外知らない歓迎会でのマナーをお伝えします♪これを知ってれば同期の中でも一歩リード?

新人歓迎会での失敗しない挨拶



新たなスタートを切った新社会人の皆さん、おめでとうございます。なれない環境で大変だとは思いますが社会人として一人前になるにはさまざまな関門を潜り抜けていかなければなりません。

それまでにはいろんな失敗を繰り返して成長していくものですが、諸先輩方の経験から学ぶべき所は大いにあると思います。

知識として頭の中に入れておけば、思わぬところで役に立つはずです。はじめに訪れる関門として「新人歓迎会での挨拶」のあれこれを見てみましょう。

入社したばかりで先輩社員の顔も名前もまだわからない状態だと思いますが、みんな最初は同じでした。先輩や課長や部長、勿論社長だって最初は新人だったんです。

太郎
太郎
そう思えば少しは安心出来るでしょう?

挨拶と言ってもそんなに構える事はなく、あくまでも新人なので大抵の事は大目に見てもらえるので失敗しても大丈夫です。ただ最低限の言葉遣い・声の大きさくらいはしっかり聞こえるようにしたいですね!敬語は多少間違っていても社内であれば大丈夫です。誠意が伝わればOKです。



声の大きさはそんなに大声を出さなくてもいいですが、会場内で聞こえるくらいの音量で話しましょう。その時に背中が丸まって猫背になっていると声が足元へ落ちてしまうので、背筋を伸ばして胸を張り顔は会場の奥の壁を見るような感覚でお話しすると奥の方まで声が届くでしょう。

滑舌が悪いのはご愛嬌ですが話すスピードは早過ぎないようにしましょう。ここまで出来ればベターですが、笑顔で出来ればベストです。大勢の前で挨拶なんて慣れていないので緊張して難しいとは思いますが口角を上げて頑張りましょう。




>>20代営業特化型転職サービス+【ベンチャーセールス】

おすすめの挨拶の内容


  • 名前
  • 出身地・出身校
  • 趣味や特技
  • 仕事への抱負と意気込み
  • 将来の夢
  • 先輩が方へのご指導のお願い

ここはカッコをつけなくてもいいので、自分がどういう人間かと言う事をわかってもらうように等身大の自分をさらけ出しましょう。

出身地や出身校に特産品や有名人・先輩がいればそれを織り込むとさらに親近感がわきます。性格や長所・短所などを入れてもいいですし入社できた事や歓迎会に対する感謝を述べてもいいと思いますが、欲張って全てを入れてしまうと時間が長くなってしまうので、時間でいうと1分~3分の間でまとめるといいでしょう。

(例)今年、新人で入りました○○○○○と申します。出身地は○○で有名な○○で、出身校は○○大学○○学部です。趣味はカラオケです。週一回は行っていました。十八番は○○の○○です。特技は学生時代にサッカーをやっていました。身体を動かす事が好きで今でもフットサルやジムに行ったりしています。社内にフットサルサークルがあるみたいなので是非参加してみたいです。社内のいろんな部署の仕事を覚えて社員としても社会人としても一人前になれるように頑張っていきますので先輩方のご指導をよろしくお願い致します。今日は私達新人の為にこの様な場所を設けて頂いてありがとうございました。頑張りますのでよろしくお願い致します!

これだけは気をつけたい歓迎会でのマナー


  1. なるべく出席する。
  2. 新人を歓迎する会なので主役の新人は優先して参加する事。どうしても参加できない場合は理由を幹事に伝え、翌日にでも幹事や近い先輩・上司に欠席のお詫び伝えに行く。

  3. 遅刻は厳禁
  4. 学生ではありません。社会人として当然です。新人は特にです。

  5. 上座下座を覚える
  6. 座席が決まってない場合は上司は上座、新人は下座がいいでしょう。

  7. 上座・・・入り口から遠い席で自分より年長者や上司を座らせる。
  8. 下座・・・入り口に近い席には新人や部下が座って注文などをする。
  9. 乾杯

乾杯する時はグラスが全員の手に渡っているか確認する、なければ進んでグラスを渡して飲み物を注ぐ。乾杯したらグラスに一口くちをつける。

上司にお酌をしてもらう時はグラスは片手ではなく両手で持って頂く。お酌は目上の方から行う。両手でビンを持ってグラスの縁にビンをつけないように注ぐ。



他の人の飲み物の減り具合や食べ物の行き渡り具合をチェックして、飲み物や料理を注文した料理を取り分けたりする。無礼講の意味を履き違えない、無礼講だから何をしても言い訳ではない。ハメを外し過ぎない。常識の範囲内で楽しみましょう。

お会計のときは、お会計の時に上司や先輩にご馳走してもらう場合もわかってはいても一応払う誠意は見せましょう。退室時は忘れ物がないか最後に確認するといいでしょう。お店を出た時にご馳走になったお礼と翌日にもお礼を言いましょう。

以上のルールを守って立派な一人前の社会人になって下さい