今、体幹トレーニング

話題となっています!

 

体幹とは人間の身体の

頭部と四肢(左右の手足)を

除いた部分を指すのが一般的です。

身体のコア(中心)となる部分です。

 

体幹トレーニングで基礎代謝がアップする理由

体幹トレーニングは、代謝の向上に

有効な遅筋を広範囲に、

そして同時に刺激することができます。

 

なので、広い範囲の代謝がゆっくりと

長時間にわたり持続するため、

長時間の代謝を確保できます。

これが基礎代謝のアップに

つながっています。

 

代謝が長時間にわたり

継続することを利用すると、

ストレスのない食事制限

行なうことができます。

無題

また、体幹トレーニングによる

代謝アップは非常に強力です。

 

単なる食事制限以上の効果

得ることができるので、確実に

しかもストレスを感じることなく

ダイエットすることが出来ます

 

体幹トレーニングによる代謝は、

他のどのトレーニングよりも

遥かに簡単に出来るのが魅力です。

 

しかも、一回にかかる時間が短い!

せいぜい10分です。

10分程度のエクササイズで、

長時間にわたり

代謝アップの効果が得られるのは

体幹トレーニング以外には存在しません。

 

その意味でも、

体幹トレーニングによる

代謝アップは、エクササイズこそ

必要ですが、基礎代謝アップに等しいと言えます。

 

簡単な体幹の鍛え方3つのコツ

1,フロントプランク

女性でも簡単にできる

体幹トレーニング。

 

うつむけになり、両手両脚を伸ばす。

その状態をキープしたまま、

上体と両脚を同時に上げる。

15秒キープする。

お尻が上がりすぎていたり、

逆に下がりすぎていたりするのはNG。

 

体幹の力を使って、

ゆっくりと行なう。

戻すときもゆっくりと。

 

 

2,サイドプランク

両肘を床につき、上体を支える。

両足は肩幅程度に広げ、

爪先を床に立てる。

その状態から左手をゆっくり

肩の位置まで上げる。

 

ポイントは、地面に対して

お尻をしっかり持ち上げること

上半身が前に倒れていたり、

お尻が後ろに出てしまうのはNG。

 

肘を曲げないで腕を伸ばして

手のひらで支えるようにすれば、

さらに難しくなります!

 

3,ヒップブリッジ

仰向けになり、両掌を床につける。

両足裏を床につけて、

両膝が直角に曲がるように

上体を上げる。

次に、ゆっくりと両太腿を

上体に近づける。

 

肩から膝まで体を

一直線にさせることが大切です。

お尻が落ちていると、

背骨も伸びませんし、

お尻を引き締めることができません。

 

手で床を押してしまうと

トレーニング効果が下がるので、

なるべく手の力は

使わないほうがいいでしょう。