噛んだファスナーを治す方法

生地がスライダーにくい込んで

動かなくなった時は、

逆方向に(開けようとしていた時は

閉める方向に、閉めようとしていた時は

開ける方向に)ゆっくりと戻して

くい込んだ生地をスライダーから

外すようにして下さい。

 

チャックがしまらなくなったQ&A

(問)

バッグのファスナーが

閉まらなくなりました。

スライダーの後ろ部分を

下に押しつけるように

引けば正常に動作します。

簡単な修理方法は?

(答)

原因はスライダー内部の

摩耗と思われます。

ファスナーを閉める機能は、

スライダーの下部(狭くなって

いるところ)の内径の寸法で

決まります。

 

この内径寸法の摩耗により、

締め付ける力が弱くなったため、

閉まったり閉まらなかったり

という現象が起きます。

 

簡単な修理としては、

ペンチなどでスライダー下部を

上下に軽く締めて治して下さい。

・・・・・・・・・・・・・・・

無題

(問)

スカートやパンツを

クリーニングに出したら、

ファスナーが非常に硬くなりました。

なんとか閉めても、

スライダーはそのままで

ファスナーが全部開いてしまいます。

どうすればいいの?

(答)

スカートやパンツに使われている

ファスナーは、洗濯や

特にドライクリーニングなどで

ファスナーの潤滑剤が取れてしまうと、

開閉が重くなる場合があります。

 

そのような場合は洗濯後、

エレメントにロウソクの

ロウなどの潤滑剤を塗ってから

着用して下さい。

 

このケースでは、

開閉の際スムーズに動かなかったことで、

組み合わせが1対1に噛み合わず、

1対2などになったため、

そこの部分の強度が落ちて

動いた時の負荷でパンクに

至ったと思われます。

 

この場合は、スライダーを

最下部まで下げて

1対1に組み合っていることを

確認した上で閉じると元に戻ります。

・・・・・・・・・・・・・

(問)

ファスナーの引き手が

取れてしまいました。

引き手だけ交換することはできますか?

(答)

スライダーは基本的に引き手のみを

交換できる構造になっていないため、

スライダー本体の交換が必要です。

 

・・・・・・・・・・・・・・・

(問)

アイロンをかけるとパラフィンが溶け、

生地にシミが付いてしまいました、

今後どうすれば良いでしょう?

(答)

ファスナーのエレメント部分には

動きを良くするために、

パラフィン仕上げが施されています。

ファスナーに直接当たる部分に

紙または布を挟み、

アイロン仕上げをして下さい。

 

(問)

ブルゾンのファスナー破損は治りますか?

(答)

破損の状態によって、

修理可能なものと、ファスナーの

付け替えが必要なものがあります。

又、付け替えが可能なものでも

専用の機械が必要です。

一度メーカーに問合せをしましょう。

 

(問)

ファスナーの縫い直しは

どこでやれば良いのですか?

(答)

近くのリフォーム店に

相談してみてください。

 

・・・・・・・・・・・・

チャックが噛んで、ズボンが脱げない!

そんなトラブル、たまにありますね。

チャック付きのものを買うときは

スムーズに開閉するかどうかを

チェックしましょうね!