★1位 コムローイ祭り<タイ>

無題

コムローイ祭は、タイのチェンマイ

毎年11月の満月の夜に開催される

仏教のお祭りです。

 

タイでは、旧暦11月の満月の日は、

ロイクラトーンという

仏教の重要行事が行われるのです。

 

チェンマイでは、この時期に

イーペン祭りが開催され、

夜空に数千個のコムローイ

一斉に打ち上げる行事が開催されます。

 

ブッダへの感謝の意味を込めて

みんなで一斉にランタン

打ち上げる様は息をのむ美しさです。

 

ディズニー不朽の名作、

「塔の上のラプンツエル」

灯籠をあげるシーンは

ここがモデルになったとも

いわれています。

 

会場は、チェンマイ中心街から

約10km離れたメージョー大学です。

 

実はこのお祭りタイ人用と

観光客用の2回行われます。

 

タイ人用の日程はギリギリまで

決まりませんが、

外国人でも大丈夫です。

詳しい日程は、

タイ公式観光サイトで

チェックするしか

方法がありません(>_<)

 

 

★2位 アンブレラ・スカイ・プロジェクト<ポルトガル>

ポルトガルの空に

敷き詰められたカラフルな傘。

 

ポルトガル中部に位置する街アゲダでは、

毎年7月から9月の間、

「アンブレラ・スカイ・プロジェクト」

と呼ばれる、街中に色鮮やかな

傘を設置するイベントが行われます。

 

このイベントは2012年に

始まったばかりです。

暑い日射しからも解放される

カラフルな空に、

色とりどりなアンブレラ

歩くだけでも楽しくなりそうです。

 

上を見上げると空一面に傘が!

素敵です!!☆彡

 

カラフルな傘が空に浮かぶ街アゲダ

ポルトガルの建物には

アズレージョと呼ばれるタイルが

良く使われています。

 

青と白のアズレージョの

床屋さんの前にも、傘がフワフワ

 

ちょっとアクセスしづらい街ですが、

冒険も兼ねて是非一度

観に行ってみてはいかがですか?

 

★3位 アルバカーキインターナショナルバルーンフェスタ<アメリカ>

無題

700機以上の気球が浮上する

模様を目の前で見ることができます。

気球は通常家1軒ほどの大きさがあり、

その大きさに圧倒されます。

 

世界最大の誕生パーティーの

幕開けを告げるようにゆっくり上昇し、

空に舞い上がる様子を

想像してみて下さい。

 

これが世界最大の熱気球競技、

アルバカーキインターナショナル

バルーンフェスタです。

 

明け方近くの凍える様な寒さの中でも、

その色彩と興奮

圧倒されずにはいられません。

 

街の北東端を標高3163mの

サンディア山脈頂上まで走る

電車の車窓から、

ニューメキシコ州北部の眺望を

見渡すことができます。

 

又、山頂のレストランからは

絶景を眺めながら、

バルーンを見ることも出来ます。