パイナップルの美容効果!

パイナップルは美味しいだけじゃなく

美容に効果抜群なんです!

 

パイナップルには、

酵素と抗酸化物質、

ビタミンAとビタミンCが

含まれています。

 

しわとりクリームの材料でもある

ヒドロキシ酸が含まれていて、

古い角質や肌のピーリングを

手伝ってくれます(*^。^*)

 

パイナップルは消化酵素が豊富!

パイナップルの果汁などから

作られる消化酵素の

ブロメリンがすごいんです!

 

ブロメリンは、お肉に含まれる

たんぱく質を分解し、

胃腸の負担を軽くし

消化や吸収を高めます。

 

又、酸化ストレスから

身体を守り、ホルモンを調整して

美肌に導きます。

 

賛否両論!酢豚にパイナップル

酢豚の中になぜか存在している

パイナップル。

日本では果物を温めたり、

おかずとして食べることが少ないので、

「なぜ、おかずにパイナップルが?」

と疑問に思っている方も多いでしょう。

 

でも、あのパイナップルは

きちんと意味があった上で

入っているのです!!

 

まずは味覚の問題。

好き嫌いは別として、

パイナップルは酢豚独特の

甘酢っぱさをさらに増幅させてくれます。

 

また、食欲を増進させるはたらきのある

クエン酸やリンゴ酸などが

多く含まれているため、

脂っぽい酢豚をたくさん食べられる

効果もあります。

 

 

パイナップルとお肉

調理においても、

パイナップルに含まれる

ブロメリンという酵素は、

お肉を柔らかくするという

働きがあります。

 

しかも、ブロメリンは

体内だけでなく、調理中でも

効果を発揮するので、

パイナップルと一緒に

お肉を調理すれば、

お肉も柔らかくなります。

 

ただし、ブロメリンは

60度以上の加熱で

効果が失われてしまいます。

効果を活かすためには、

生のパイナップルを後から入れるのが

いいでしょう。

 

ブロメリンは、調理の時に

お肉を柔らかくし

体内に入ってからも、

たんぱく質を分解する

二重に身体にやさしい存在です。

無題

酢豚にパイナップルは許せない

酢豚だけではなく、

ピザやステーキにパイナップルが

入っている場合があり、

同じように身体に効果があります。

 

しかし、果物を温めては美味しくない

肉や野菜とかが入っているのに

酸っぱいパイナップルなんて、

果物をおかずにするなんて

と思っている方も多いと思います。

 

そんな時は、デザートとして

パイナップルを食べて下さい。

酵素は熱に弱いため、

熱すると効果が弱まります。

 

缶詰も余分なものが入っています。

あくまでも生のパイナップル

オススメします。

 

最後に、食べ過ぎも良く有りません。

南国の果物なので、

身体を冷やす食物に分類されています。

冷え性の方はほどほどに

食べましょうね☆彡