車をぶつけてしまった!どうすればいい?

交通事故を起こしたとき、

負傷者がいる場合は真っ先に

救護しなければなりません!

 

第一報を入れた場合は

救急車の必要なども

同時に確認されます。

 

二次災害を防ぐために

車を路肩に寄せて

停止表示板を立てるなど

といった配慮も必要です。

 

 

警察は呼ぶべき?

事故を起こした場合は

人身事故・物損事故に関わらず

必ず警察に報告する

義務があります!!!

 

特に単独事故は

「相手がいないから大丈夫」

という理由で報告を怠る人もいますが、

警察に届け出をして

「交通事故証明書」

発行してもらわないと

修理等の保険金も出ません。

 

相手がある場合は

後日の示談交渉にも

支障が生じます。

 

又、警察への報告義務に

違反した場合、罰則もあるので

注意しましょう。

 

警察に連絡する際には、

事故現場、事故の状況、

負傷者のあるなし等を伝えます。

事故を起こした瞬間は

パニックになりますが、

あせらずひと呼吸おいて

冷静に状況を伝えて下さい。

無題

保険会社への連絡は?

もし、自分が加害者である場合は、

保険契約上、保険会社へ

通知義務があります。

 

そして、保険会社に連絡して

事故処理をしてもらう際、

必要になってくるのが

「証券番号」です。

 

これが分からないと

本人確認の時間がかかるので、

その分対応も遅れてしまいます。

 

保険証券は常に車の中に

保管しておくのがベスト。

 

保険会社の連絡先も記載されており、

いざというとき「連絡先が分からない」

というトラブルも回避出来ます。

 

また、保険会社に連絡する前に、

状況的に余裕がある場合は

事故現場の証拠を保存しておきます。

 

どちらの過失割合が高いか、など

後でもめる原因にもなるからです。

事故当事者としても

現場の状況を克明に

記憶しておくという事は、

状況を客観的に分析するという点で

平静を取り戻すという効果もあります。

 

ただ、注意する点は、

それらの判断で勝手に相手に

弁償を約束するといったことは

決してしないで下さい!

 

相手も動いていた場合は、

過失の割合も変わってきます。

保険会社に任せることが基本です。

 

 

もし自分が事故の被害者になったら?

自分が被害者になった場合

まず警察に連絡し、

相手の名前、住所、連絡先、

車のナンバープレート、

相手が加入している保険会社

(自賠責保険・任意保険)などを

確認しておきましょう。

 

その後、事故現場の写真を

撮るなどして証拠を出来るだけ

残すようにしておくとよいでしょう。

 

そして、必ず病院に行って

医師の診断を受けておいて下さい。

修理費や治療費などの

領収書や診断書は保管し、

事故証明書と一緒に

そろえておいて示談をすすめます!