便利なWi-Fi

最近、街中に出ると、あちこちでWi-Fiマークを見る事が出来るようになりました。
バス停やコンビニ、レストランでも見かけます。
電話会社の回線でスマホを使っていると、すぐに通信制限がかかってしまうので、
街中Wi-Fiにはとても助けられています。
海外から来た友人も、電話会社との契約がなくても使えるので喜んでいました。

ところで、私がパソコンを使い始めた頃って、Wi-Fiってなかったと思います。
ノートパソコンを使う場合は無線ランという機能を使うことが多かったと思うのですが、
あれは今ではどうなっているんでしょう。
無線ランとWi-Fiって違うものなのでしょうか。

1

無線LANとは? 仕組みを解説 【音速パソコン教室】

無線ランってどういうもの?

LAN(Local Area Network)とは、通信回線でデータのやり取りをするシステムです。
初期は、データをやり取りするためにケーブルを必要としていましたが、ケーブルがなくてもデータのやり取りを可能としたのが無線LANになります。
インターネットの回線のモデムにつないで、通信データを電場に変換して発信くれる「親機」、それを受信する「子機」の二つで作られています。
「子機」は、最近はパソコンやスマホ、TVなどに最初から入っていることが多いです。
なので、無線LAN用の親機を用意すれば、無線LANを利用する事が出来ます。

2

Wi-Fiってどういうもの?

私の認識しているWi-Fiも、無線LANと同じ機能です。この二つは、同じものなのでしょうか?
実は、Wi-Fiというのは、無線LANの中でも品質が良くて標準的に使えますよ、という無線LANに与えられた認定マークなのです。
無線LANが発売された当初、いろんなメーカーが独自に開発して作成していたので、親機と子機のメーカーが違うと繋がらない、というものが多くありました。なので、Wi-Fi Allianceという団体が、標準規格として作った「IEEE802.11シリーズ」に接続できるかどうかというテストが生まれました。

それに合格したものに、Wi-Fi認定マークが与えられたのです。
今では、大半の無線LANがWi-Fiに対応するように作られているので、異なるメーカー、機種であっても繋がるようになりました。

3

セキュリティはどうなの?

無線LANは、電波となったデータを空中でやり取りするわけですから、受信する機会さえあれば第三者でも盗み見る事が出来ます。
なので、親機の側でセキュリティ設定をするようになりました。
WEP
WPA/WPA2
WPA/WPA2 PSK(AES)
現在は、上記三種類のセキュリティが存在しています。
一番上のものがもっとも最初に開発されたもので、セキュリティとしては古くて現在ではあまり有効とは言えません。下にいくほど新しく、セキュリティも頑丈になっています。
WEPレベルのセキュリティしかない場合は、個人データの送信は控えた方がいいでしょう。
セキュリティのかかっていない親機は、子機から接続しようとするとセキュリティ「なし」や「オープン」と表示されます。パスワードを入力しなくても接続できるのでお出がるですが、安全とは言えません。

4

メリットデメリット

Wi-Fiのメリットと言えば、何と言ってもケーブルがなくなること。
ケーブルでごちゃごちゃしていて掃除が行き届かなかったり、いろんな機種をつなぐために分岐用の器具が必要になることもありません。
また、パソコンやTVなどの子機と親機のやり取りだけでなく、子機同士のやり取りもケーブルレスで行えるのも魅力ですね。
デメリットとしては、通信速度が安定しないことがあります。
同じ回線を何人もが利用していると遅くなるのです。
親機から離れたり、間に壁が挟まると、通信できなくなるのもデメリットになります。