子供にとっては一年に一度のお年玉

とても嬉しいものです。

 

でも毎年いくらあげたらいいのか

悩みますよね。

 

兄弟で同じ金額がいいのか、

年齢によって変えるべきなのか…

 

だいたいの相場を知っておくと、

親戚とかけ離れた金額をあげてしまったり

という失敗をせずに済みますね。

 

お年玉の年齢別相場

以前は『年齢÷2×1000』と言われていましたが、

年々少しずつ変わってきているようです

とはいえ、やはりこの金額を基準

考えるのがいいでしょう。

 

0歳~未就学時は、おもちゃやお菓子

あげることも多いようですが、

お金をあげる場合『500円~1000円』ぐらいが

圧倒的に多く、相場のようです。

 

小学生になると、低学年と高学年に差をつけることが多く、

低学年では『1000円~3000円』と、

小学生になると1000円以上というのが

暗黙の了解のようです。

 

高学年になると『3000円~5000円』が多く、

その中でも多すぎず少なすぎない金額

ということで『3000円』が相場のようです。

 

中学生になると小学生と少し差が付き

5000円』が相場になるようです。

 

高校生は、お金を使う機会が増えるため

10000円』と金額が一気にアップするようですが、

中学生の時と少し差をつけるだけでも十分なので

5000円以上』が相場となっています。

何歳まであげるべき?

金額の以外にいつまでお年玉をあげたら

いいのか悩む方も多いと思います。

 

いつまであげるかは家庭それぞれ考え方があるようですが、

一番多いのは高校を卒業した大人とみなし、

お年玉をあげなくなるという意見が多いそうです。

 

しかし、高校を卒業しても大学に進学する場合は、

卒業するまでお年玉をあげるという意見も

多いため親戚同士で前もって

決めておくのが無難かもしれません。

 

お年玉をあげる際のマナー

【高画質】お年玉の常識!? 正しいお札の折り方 R¡i¡ /

 

https://youtu.be/HdS2-tXwTiU

 

お年玉を渡す際にもマナーがあります。

子供相手だからといって油断せず、

恥をかかないためにも覚えておくといいでしょう。

 

お年玉は、一年の初めに渡す物なので新札を用意し、

表が内側になるように左、右の順番で三つ折りにし、

ポチ袋から出したとき表が上を向くように入れます

 

ポチ袋の表側に、渡す子供の名前を、

裏の左下自分の名前を書きます。

 

金額にもマナーがあり、

4の付く『400円』『4000円』

9の付く『900円』『9000円』

縁起が悪く嫌がられる場合もあるので

気を付けましょう。