新築祝いと一口に言いますが意外と難しいもの。
結婚、出産となると分かりやすいのですが、家を新築した時にプレゼントするものとは・・と
改めて考えると意外と迷いますよね。
新築だけに家具・・というのも良いのですが、結婚の時と被ってしまったり
趣味があるものはなかなか選び辛い・・・。

おすすめの新築祝いをいくつかご紹介

送る時期としては、新居に住まれたあと1カ月以内が礼儀です。
そして相場としては、仕事関係、同僚、友人あたりは5,000円~10,000円
身内、親戚は10,000円以上
というところです。

さておススメのものですが、意外と喜ばれる上位にランクインするのがキッチングッズです。
特におしゃれで多機能な人気ブランド製品のもの。
新築されたとき、奥さまが一番気にして作るものはキッチンだと思います。
新しいキッチンに素敵な食器類。良いですよね!

でも日常だとなかなか人気のブランド製品を自分で買おうとは思わないです。
もっと優先順位の高いものがあるからです!
でも、もらえるとなるとやはり欲しいもの、使いたいものであることは確かです!

そしてメイン器具ではない、コーヒーマシーンや炭酸創作のマシーン、トースター、スムージャーなども自分では手が出づらいもの!そういうものがあると新居で使う楽しみがあって喜ばれるのではないでしょうか!

そして次に人気なのはバスグッズです。
タオルのような消耗品はかさばらないし
自分でもなかなか積極的に買わない。でももらうと積極的に使う!そんなものですよね。
タオルのほかにも、アロマの入浴剤やバスソルト、バスボール
自分では手を出さないけど少しの贅沢品。もらえると嬉しいし必ず使います!

そして最近人気のバスマット
高機能のバスマットはそこそこの値段です。もらえると嬉しいですね!

難易度は少しあがりますが、もらってうれしい、送るのもおしゃれな観葉植物
個人的にはとても嬉しいです!
ただ趣味がありますし好き嫌いがあるので、もしかするとプレゼントするには難しい部類かもしれません。
しかしお花よりは長持ち、手入れが比較的しやすい
アパートなどでは置かなかったけど空間には欲しい!
お部屋の状態にもよりますので、ここは種類や大きさの確認が必要かもしれませんね!

あとは物として定番なのは置時計や飾り時計です。
こちらも新居のテイストがありますので、無難なものか、伺いをたてるほうが安配かと思います。
もらって自分が嬉しいものをプレゼントする
もしくは消去法で自分がもらって困るものはあげない!というのが良いですね!

新築祝いに相応しくないもの

新築祝いに送ってはいけないものは、火事、火を着想してしまうもの壁などに穴をあけさせて使うものです。
新築なので、やはり火事などを連想させるものは避けたいですよね!
それとせっかくの新居なので、例え画鋲のような小さなものでも穴をあける
破壊するものは避けていきたいとこです!

新築祝いのお返し

ここがまた難しいところですが、実は、新築祝いというのは、お返しをしない!が基本です。
その代り、新居に招いて、御馳走するというのが一般的です。
おもてなしをして、おうちのお披露目を同時にするというものです。
ただし、よっぽど高価な品物をいただいてしまっている場合はお招きプラスとして
カタログギフトなどを後日お渡しするなど、追加は必要かもしれませんね!

お家は一生に一度の大きな大きな買い物です。それを祝ってもらえるのも嬉しい、お招きいただくのも楽しい。
ぜひ新築祝いはしてあげていただきたいです!