赤ちゃんにミルクをあげるときに粉ミルクというものがありますよね。
水に溶かすだけで作れるので、時間がないお母さんに人気だったりします。
しかしその他にも粉ミルクにはメリットがあるんだとか。
今回は「粉ミルク」についていろいろと調べてみました。
それではいってみましょう!

ミルクのメリット

粉ミルクにはたくさんのメリットがあるようです。

・母乳が出ない、または少ないままの精神的な負担を軽減
・母乳との併用が可能
・お母さんがいないときでも。ミルクをあげることができる
・人の目を気にしないで、ミルクをあげることができる
・哺乳ビンを使用するので、飲んだ量が正確にわかる

粉ミルクにはこのようにたくさんのメリットがあります。
お母さんがいないときでもミルクを与えることができるのが
粉ミルクの一番のメリットだと思います。

飲む量は?いつまでOK?

生まれたばかりの赤ちゃんは、上げた分だけミルクを飲んで
疲れたら飲むのをやめてすぐに寝てしまいます。

だいたい2か月ぐらいを過ぎたら自主的に飲めるようになるので
そこまでは飲む量に注意してミルクをあげるようにしましょう。

しかし飲む量よりも大事なものがあります。それは赤ちゃんの体重です。
赤ちゃんの体重が少しでも増えていれば、その子に必要な量は摂取できているということになります。
一週間に一回ぐらいの頻度で体重を測るといいでしょう。
毎日体重を測ってしまうと、それだけで一喜一憂していまいますからね。

おすすめ粉ミルク

最後におすすめの粉ミルクをご紹介したいと思います。
まずは雪印ぴゅあという粉ミルクです。

https://item.rakuten.co.jp/jism/4903050504046-73-30000285-n/?scid=af_pc_etc&sc2id=af_117_1_10001669 楽天市場 雪印ぴゅあ

こちらのミルクはほんのり甘く、赤ちゃんにとっても飲みやすい味に仕上がっています。
赤ちゃんのお腹の調子を整える成分もしっかりと含んでいるので、とてもおすすめです。
現在楽天市場とAmazonにて取り扱っています。


ミルクをあげよう ~ 2カ月の赤ちゃんの育児・ミルクの作り方 【イクメンやってます #03】

新生児の時期は赤ちゃんにとって、最も重要な時期です。
ミルクの与えすぎなどには十分に気を付けてくださいね!