お待たせしました!
琵琶湖の夏の風物詩「2015年琵琶湖花火大会」が今年も開催。
今年は8月7日(金)ですよ!
みどころや定番絶景スポットから意外な穴場までドーンとご紹介

今年もやってきます2015年琵琶湖花火大会

1

今年は8月7日の金曜日に開催される予定です。
(毎年8月8日なんですがが土曜日もしくは日曜日に当たる場合は
直前の金曜日に開催の為今年は8月7日)

1984年から開催されて今年で32回目を迎えます。

開始時間
19:30~20:30

場所
滋賀県大津沖港沖

最寄り駅は京阪電鉄の浜大津駅または島ノ関駅か石場駅で徒歩約5分位
JRならば大津駅または膳所駅か大津京駅で徒歩約15分位
当日は会場周辺は交通規制や駐車場の入出庫の規制もある為、
お車でお越しの際は時間に余裕を持ってお越し下さい。

大津港までのアクセス
名神高速道路「大津IC」から約15分
https://www.google.co.jp/maps/@35.013371,135.864823,14z

大混雑が予想されますのでなるべくならば公共交通機関のご利用を
おすすめします。

打ち上げ数
10,000発

来場者数
約35万人

琵琶湖花火大会の見所

打ち上げ場所は大きく分けて2ヶ所あって大津プリンスホテル沖と大津港沖約400mです
打ち上げ本数や、規模が大きいのは大津港沖です。

湖上で行われるため、打ち上げないで湖面で発破させる「水中スターマイン」や
毎年違ったテーマに沿った内容で繰り広げられる花火大会なので
毎年行っても飽きずに楽しめます。

過去にはポケモンのモンスターボールを
かたどった花火も打ち上げたりもしていました。

最大斜め30度まで傾けられた筒から打ち上げられる尺玉(10号玉)を含んだ
ワイドスターマインやクライマックスの大型のスターマインの連発は
五感全てに響いてきて筆舌に尽くしがたく圧巻です。

びわ湖花火大会のオープニングシーン

有料の観覧席

大津港周辺に有料の観覧席を設けています。
花火会場が目の前の特等席です。

場所
滋賀県営大津港管理通路や修景緑地などに約17,000席設置予定(全席指定)

料金
前売り券 3900円
当日券  4400円

7月1日より滋賀観光物産情報センター(www.biwako-visitors.jp
またはチケットぴあ(http://t.pia.jp/)やローソンチケット
などで発売予定。

ちなみに去年は前売りの段階でチケットが完売した為
当日券の発売は無かったそうです。
前売りの段階で購入しておくと安心ですね。

観覧席以外の鑑賞ポイント

矢橋帰帆島公園

大津港の対岸にある公園です。無料駐車場があるので車がおすすめです。
www.hikari-g.com/kihan/

びわ湖競艇場

最寄り駅が会場と同じなので混雑は必須ですが当日は無料開放しています。
www.biwako.gr.jp/

名神高速大津サービスエリア

少し離れていますがここからでも花火を楽しむ事が出来ます。
www.w-holdings.co.jp/sapa/2011.html

滋賀県立体育館別館

京阪電鉄膳所駅か同じく石場駅から徒歩約15分~20分くらいの穴場
www.bsn.or.jp/gym/

比叡山ドライブウェイ

有料道路の比叡山ドライブウェイの夢見ヶ丘駐車場の展望台から一望です。

その他、会場周辺のショッピングモールなどで
当日屋上を無料開放している所が多くあります。
ショッピングも出来て花火鑑賞も出来るなんて一石二鳥ですね。

琵琶湖のショッピングモールの情報

http://www.mapple.net/bythemearea/a8b45c0/0501000000/spots_official.htm

琵琶湖の夜空を絢爛豪華な火の花びらが彩ります。
舞っては消えて、消えては舞って。
人生の儚さにも通じますね。
でもその儚さの中にしかない美しさがあります。

その美しさがここにあります!
今年の夏の思い出として是非ご覧下さい。