こんにちわ赤ちゃん!とってもめでたい友人の出産!
出産祝いっていつ頃、何を、いくら位の品物を贈ればいいの?
贈っていけないものはあるの?
そんな疑問を解消します!!!!

かつて出産祝いは赤ちゃんの祝い着などを
母方の実家から贈る習わしでしたが
最近は知人・友人・同僚などからの贈り物も多くなりました。

そんなとき、贈る時期や品物
そして金額はどれくらいのものが良いのでしょうか。

1

いつ頃贈るの

お七夜から一月位までが普通です
お宮参りの後に内祝いを贈るので
その時までに贈った方が手間が少なくなるためです。

最近は、赤ちゃんが生まれる前に贈った方が
相手が用意しなくてよいのではとか
生まれてすぐ使ってもらえるようにと
出産の報告前や出産直後に届ける人もいるそうですが
それは親族以外避けるようにして下さい。

決してあって欲しくないことではありますが死産ということもありますし
母子ともに産後のトラブルが起きないとは限らないからです。

母子ともの健康が確認できてから贈るようにしましょう。

もし遅れることがあったとしても
半年後くらいまでは「出産祝い」でかまいませんが
もし一年以上遅れることがあった場合は
「誕生祝い」とするのが良いでしょう。

お祝いは通常持参して渡すのがマナーですが
相手からのお誘いが無い限り、負担を考えて
配送するのは決して失礼にあたりません。

金額、品物はなにがいいの?

金額は会社関係であれば上司で1万円・同僚5千円くらいですが
会社、部署、グループ単位などで贈ることも多くなりました。

のしには紅白の蝶結びで「御祝」「御出産祝」などが一般的で
下段に苗字だけの贈り主名、グループで2~3名であれば連名
それより多い場合は◯◯一同で大丈夫でしょう

知人、友人であれば皆で相談して欲しい品を聞いた上で
まとまって高額な物を贈るのも喜ばれます。

ベビー服やアルバムといった無駄にならないものや
お母さんあての育児書やバッグなども良いでしょう。

ベビー服は月齢よりも少し先まで着ることが出来る
大きめサイズを贈ることも喜ばれます。

身内であれば1~2万円位で実用的なものが多いようです。
ベビーベット、産着、ベビー服、宮参り用の祝着やドレスなどで
産後すぐ使えるように出産前に贈ってもかまいません。

出産祝いにNGな品は?

あまり大きな品も返って迷惑なものです室内用の滑り台や大型玩具など
又、小さ過ぎるもの硬い物も避けて下さい
赤ちゃんが口に入れたり、上に乗って思わぬケガをする場合もあります。

お花や観葉植物もいけません、出産で体が弱っているお母さんや
新生児にとってアレルギーを起こす可能性もあります。

そして、昔は紅白の御祝まんじゅうを贈った名残から
かわいいお菓子をお祝いとする場合がありますが
最近は母体への影響を考え遠慮すべき品の一つとなっています。