引っ越しが初めての人へ
ご近所挨拶のやり方など
教えてあげたいヒントが満載!

トラブルを避けて、心地よいご近所付き合いをしましょう

引っ越しの挨拶

何かの挨拶無しで引っ越すのはダメです!
旧居では近所の人に直接挨拶するのがベスト
旧居でのお礼と引っ越し予定日を前もって伝えます。

引っ越し作業中は何かと隣近所に迷惑をかるので
事前に断っておくとトラブルが起きにくくなります。

付き合いの程度にもよりますが
新居の住所も今後の為に交換しておくことも大切。

親しくした方であれば簡単な雑貨などの
ギフトを用意しておけばより良い関係が保てます。

新居への挨拶

マンションやアパートであれば上下左右がベストですが
そこまではと思えば両隣でも可です
もし管理人さんがいる場合は必ず挨拶に行きましょう。

挨拶品を持って行く時、菓子折りやタオルなどは避けるようにしましょう
家族構成も良く分からないので賞味期限やありすぎて困るといったこともおこります。

予算は500~1000円程度が相手に気を使わせなくて良いでしょう
たとえば入浴剤、洗濯用洗剤、ハンドソープなどの使用期限がなく
あっても無駄にならない実用品を選ぶと喜ばれます。
置物など趣味性が強い品は避けるようにしましょう。

1

その時できれば「ご挨拶」のし紙を付け
下に名前を書いて渡すと、苗字を覚えてもらえます
のし紙が無い場合はカードを添えることでも良いでしょう。

持って行く時間ですが、明るいうちがお互いに顔を覚えやすく良い印象を与えます
時間は10時から午後6時くらいがベストです。

最近は昼間留守の家庭が多いのですが
その時は夕ごはんと重ならない時間で
あまり遅く無い時間を見計らっていくのがマナーです。

持って行く時期は引っ越し当日がベストですが
不在がちの場合は1週間以内を目安にお渡しするようにしましょう。

夜遅く帰ったり適当な時間に不在な時はドアノブにかけておくようにします。

大切なことは、あなたが新しく引っ越しをしてきたを
いち早くお知らせしたいという気持ちを伝えることです。

引っ越しの挨拶状はどうすればいいの?

引っ越しから一ヶ月以内を目安に親戚、知人
友人に転居挨拶状を出すようにしましょう。

最初に簡単な時候の挨拶文、文末には新しい住所や電話番号などを書きますが
簡単な地図や住所、読みがむつかしい場合は「ふりがな」をいれるのも必要なことです。

文面としては先ず「引っ越しをしたこと」と
「直接ご挨拶にうかがえなかったことへのお詫び」が中心になります。
それに「お世話になったことへのお礼」を加えるとなお良いでしょう。

最近はメールで引っ越し挨拶に替えることもありますが
より丁寧にするためにネットで引っ越しハガキを印刷してくれるサービスもあるので
それを利用するのも一つの手です。

大切なことは今までお世話に成ったことへのお礼と
新しい住所を知らせ、これからも良いお付き合いを願う気持ちを伝えることです。