7月初旬、梅雨明けの声が聞こえるようになると本格的な暑さが到来します。
この時期出すのが暑中見舞い、文字通り最も暑い時期に出すので暑中見舞いです。

では具体的に暑中見舞いをいつ出すのか色々な説があります
小暑(7月7日頃)から立秋(8月7日頃)の前まで、夏の土用(7月20日頃)
あるいは梅雨が明けてからなどです。

暑中見舞いの時期がいくつかの説があることからわかるように
明確に決まっているわけではありません。

但し8月8日を過ぎると残暑見舞いとされているのは定説です。

1

暑中見舞いとはそもそも「厳しい夏の暑い時期の安否うかがい」です。
その意味では梅雨が明けて夏らしくなった頃から出すのが一番良いでしょう。

梅雨は通常西から順に東へと明けていくので
出す相手の梅雨開けに着くようにする心づかいも大切です。

暑中見舞いの書き方

いざ出そうと思っても毎年どの様に書けばと悩むものです。
しかし暑中見舞いの文章の構成は大体決まっており
その構成に従って自分なりの事を書けば良いので難しいことはありません。

「頭語」や「結語」は不要です、つまり「こんにちは」「さようなら」
一般的なものでは「拝啓」「敬具」等は書く必要はありません。

①「暑中お見舞い申し上げます」初めはこの挨拶から入ります
他の文字より大きく書くと見栄えがします。

②「時候の挨拶」相手を気づかう言葉です。
はがきを出す時期に合った、相手が住んでいる場所にふさわしい挨拶です。
同時に相手の安否や健康等を気づかう言葉を選びましょう。

③「自分自身の近況報告」相手との関係を考えて内容を書きましょう。
具体的な内容は友人など近い関係の人には嬉しいでしょうが
目上の方の場合は避け、当たりさわりのない内容の方が適しています。

④「結びの言葉・相手を気づかう言葉」結びの言葉というのは
その文章の主旨・要点を述べるのが一般的なので
一番言いたい言葉や相手への感謝の言葉で締めくくるのがいいでしょう。

⑤「日付」平成◯◯年◯◯月◯◯日は必要ありません
平成〇〇年盛夏が習わしとなっています。

https://youtu.be/IajJ_JHmivM

以上、暑中見舞いの書き方・構成でした。
年賀状と同じ様に慣例になって出す文書なので基本的な構成等のマナーは必要とします。
しかし一番大切なことは相手を思いやる気持ちです。

最低限の礼儀には気をつけつつ
自分の言葉を素直に表わして書くことで相手に自分の気持ちが伝わります。

そのような思いで今年の夏、暑中見舞いを出してみてはいかがですか。