父の日のことあんまり分かって無い!
ちゃんと日頃、親孝行できていますか?
普段は照れくさくて伝えにくい感謝の気持ちも
父の日というイベントに便乗すれば
素直につたえられるはず・・・^^

父の日はいつから

アメリカ・ワシントン州に住んでいたジョン・ブルース・ドット婦人の提唱です
彼女の父親であるウィリアム・ジャクソン・スマートは妻に先立たれから
6人の兄弟を男手一つで育て上げました。
そんな父に育てられた彼女は「母の日」の存在を知って
父に感謝する日もあっても良いと考え、1909年6月19日(第三日曜日)に制定することを提唱しました。

花は何を贈るの?

この後、全米各地に広がりをみせて1972年には正式にアメリカの祝日となりました。
健在している父には赤いバラ、亡くなった父には白いバラを送るそうです
由来は、ドット婦人が父親の墓前にバラを供えたためとされています。

一方、日本では1950年頃から広がり始め、1980年代には一般的な行事となり
同じく6月の第三日曜日が父の日をなっています。
日本にはファーザーズ・デー委員会という団体があり
「父の日に黄色いリボンキャンペーン」や
その年話題となったお父さんにイエローリボン賞を贈る運動をしています。

しかし、花は日本では特定されて無く、一般的に「黄色いバラ」や「白いバラ」
子の愛という花言葉の「ユリ」などが贈られています。

1

父の日のプレゼント貰って嬉しいランキング

1, ネクタイ
2, 財布
3, 腕時計
4, レストランでの食事
5, 食事を作ってあげる
6, カバン
7, ベルト
8, ハンカチ
9, 珍しいビール
10、有名店の洋菓子

お父さんがしてほしいことランキング

1, 一緒に食事をする
2, 家族を一緒に家でゆっくり過ごす
3, 旅行にでかける
4, 食事をごちそうしてもらう
5, ドライブにでかける
6, 一緒に買い物にいく
7, 肩もみをしてもらう
8, 手書きの手紙を貰う
9, 手料理を作ってもらう
10、一緒にバーベキューにでかける

どうも色々のプレゼントを貰うより、家族と一緒に何かをしたいというのが
お父さんの偽らざる気持ちの様ですね。

日頃忙しい日本のお父さんは、ややもすれば家族から忘れられがちの生活をしているようです。
だから高価な物でなくとも、たとえたった1本のバラであったとしても
家族とともにゆっくり過ごす時間を持つことを望んでいます。

言葉を変えればコミュニケーションを望んでいるのです。
それを深めるには食事が一番です

子供が成人しているのであれば親子そろってお酒を飲むのも良いかもしれません。

プレゼントの予算で一番多いのは3000~5000円未満です。
その予算でお父さんと一緒の時間の過ごしかたを考えるのが
一番のプレゼントではないでしょうか^^