ハロウィンには何故仮装するの?
元々はヨーロッパを起源とする民族行事で、毎年10月31日の晩に行なわれます
西ヨーロッパ古代の異教・多神教に元ずく死者の祭および収穫祭。
とりわけケルト人の行うサウィン祭に由来するといわれています。

ハロウィンの由来は「ALL Hallows Eve(諸聖人の日の前夜祭)」が
短縮され「Hallowseve」古代ケルト人の一年の終わりは10月31日で
その日に収穫祭が行なわれていました。

その風習がキリスト教にも取り入れられ
現在ではほとんどすたれたキリスト教の「諸聖人の日」の
前夜にあたることから「Hallowe’en」と呼ばれるようになったようです。

1

欧米では、10月31日の夜、仮装した子どもたちが
近所の家々を回って、お菓子をもらいます。
その時、この世に舞い戻ってきた悪い霊たちを
仮装することで恐がらせて逃げ出させる為に仮装をするのです。

ハロウィンジャパン

そんなハロウィンですが、日本ではもはやそれとは全く異なり
爆発的な盛り上がりを見せています。

商店街やデパートがハロウィン専用グッズで一色になるだけではなく
多くの人がハロウィンパーティーを開催し
都会の盛り場では仮装をした人たちで埋め尽くされ
知らない人同士でも盛り上がる、若い人たちを中心とした
お祭りに近い一大イベントとなっています。

何故突然このような盛り上がりを見せ始めたのか??
ひとつにはFacebookの普及があります。

このユーザーたちは、自分がいかに「楽しくて充実した生活」を
おくっているかをFacebook上で見せようとします。

素敵なカフェで友達とお茶したり、大きなイベントに行ったら
皆と楽しんでいる様子をアップしたりします。

こうした「たくさんの友人たちとワイワイ過ごしている私の楽しい人生」を
Facebook上で演出するという行為が多くの人にとって習慣になりつつある今
ハロウィンというイベントもその演出の為の「道具」の一つになっています。

マンガやアニメなどのいわゆる「オタク」文化が一般化し
キャラに扮する「コスプレ」も一つの文化として社会に受け入れられています。

「コスプレ」がイベントを盛り上げる際に使う道具として
身近になったこともハロウィン盛り上がりの一要因となっています。

ハロウィンとコスプレには密接な関係があり
コスプレの延長線上に「ゆるキャラ」があります。
その意味ではハロウィンの仮装にゆるキャラがあるのは自然なことです。

今年のハロウィンはゆるキャラ!

最後に、ゆるキャラ・グランプリ順位をお知らせします
今年のハロウィンはこのランキングを参考にしてみては??

1,「ぐんまちゃん」・群馬県

2,「ふっかちゃん」・埼玉県

3,「みきゃん」・愛媛県

4,「しんじょう君」・高知県

5,「チャチャ王国のおうじちゃま」・京都府