マイホームが欲しくなったらどうすれば良いの?

マイホームをそろそろ欲しいと考えた時、先ずは資金計画でしょう。

家づくりにかかる費用としては、工事費、購入価格、税金、登記費用、住宅ローンの手続き費用等がかかります。
家づくりの総費用に占める自己資金の割合は、出来るだけ多い方が良いのですが、一般的には新築購入代金の20%、その他の費用にあてるために10%、合計30%の自己資金を用意するのが望ましいとされています。

但し、預貯金をすべて頭金に使ってしまうことには問題があり、住宅ローンとの兼ね合いを考慮すべきです。

ローンの年間総返済額は、年収に対して過度な負担とならないようにすることが非常に大切です。又、夫婦共働きを前提とした返済計画は、将来の出産等による妻の離職、そして離婚の可能性もあります。

それを踏まえて「いくら借りられるか」よりも「いくら返せるか」を念頭に借り入れ金額を決定していくことが大事です。

ボーナス払いを多額に設定するのは毎月の返済額は低くなりますが、一方で会社の業績によりボーナスが予定より少なくなった時に困ります。

住宅ローンは長期にわたって返済をしていくものです、その間の収入の変化や家族の成長時期なども考慮に入れ、できれば退職時期までの返済期間にするなどの計画が必要です。

住宅取得では、ローン返済額にのみ目がいきがちですが、他にも費用はかかります。固定資産税・都市計画税などの税金、火災保険料、家は必ず劣化するので補修費用。

これらがかかることも考えて返済金額を考える必要があります。

5

工務店と大手ハウスメーカーの違い

家を新築する場合、ハウスメーカーにするか工務店にするか悩みます。そこで価格、技術、工期の3点から見ていくことにします。
価格の比較:本来、大手ハウスメーカーの目標は住宅の低コスト化にあります。したがって価格は工務店などより安いと考えるのが自然なのですが、そうでないのが経費の問題です。

広告費、展示場の費用、営業マンの人件費などは工務店より多くかかりますのでトータルでは大差ないと考えるべきでしょう。

技術力の比較:大手メーカーと言えども、実際の建築に携わるのは工務店の大工さんです。したがってハウスメーカーの技術というよりも、実際に現場で家を建てる大工さんの腕がいいか悪いかに左右されます。この点は大工さんをはじめから選べる工務店との違いです。

工期の比較:これは規模の大きなハウスメーカーが圧倒的に有利です。

結局どうすれば良いの

工務店かハウスメーカーかの良し悪しは、何度も建てるわけにはいかないので自分で判断するのは難しいと思います。一番良いのは友人、知人、親族などで家を既に建てた人に相談してみるのが良いと思います。
何人かに相談することにより、家の規模、だいたいの収入から、建物の発注、住宅ローンを組むときの参考にするのが、一番間違いが少ないと思います。

一生に一度の大きな買い物です、焦らずじっくり考えて行動して下さい。