ハロウィンに何故かぼちゃ

ハロウィンは元々、ヨーロッパを起源とする民族行事。

キリスト教諸聖人の日の前夜祭り(ALL Hallows eve)が訛ってハロウィン(Halloween)と呼ばれるようになったそうです。

秋の収穫を呪い、悪霊を追い出す祭です。

10月31日が一年で終わりの日であり、亡くなった人の魂がこの世に帰って来る日といわれ、毎年10月31日がハロウィンと決まっています。

その昔、アイルランドにジャックという酔っぱらいの悪人がいたそうです。

彼は死後、天国から追い出され、悪魔にも嫌われて地獄から締め出されました。

そこで、魂の安住を求めた彼は、永遠に世界中を放浪することとなりました。

その時、暗い足元を照らすために「カブ」をくりぬいてランタンを作りました。

このお話がアメリカに伝わると「カブ」が「かぼちゃ」になりました。

アメリカではカブにあまり親しみが無く、かぼちゃがたくさん採れたので、かぼちゃでちょうちんを作るのが一般的になりました。

かぼちゃをつかったお菓子のレシピ

ハロウィンにぴったりなお菓子のレシピ、お教えしましょう。

 

サクサク、かぼちゃクッキー
材料:かぼちゃ(皮を取った状態で)60g、無塩バター60g、砂糖60g,薄力粉120g、片栗粉かコーンスターチ20g。

,バターを1センチ角に切る。
,かぼちゃをレンジで加熱し、皮を取る。
,かぼちゃが熱いうちに、フードプロセッサーにかける。
,3にバター、砂糖、薄力粉、片栗粉を順に入れ、その都度フードプロセッサーにかける。
,ラップに包んで、冷蔵庫で1時間以上寝かせる。
,打ち粉(分量外)の薄力粉をしき、生地を5~7ミリくらいの厚さに伸ばす。
,型抜きして、170度に予熱したオーブンで18~20分位焼いて完成。

 

濃厚かぼちゃプリン
材料:かぼちゃ(食べられる状態で)300g、砂糖60g,牛乳200㏄、生クリーム200㏄、バニラエッセンス少々、ゼラチン5g,水50㏄。

,ゼラチンを水にふやかして置く。
,かぼちゃと砂糖を混ぜる。
,牛乳を入れて混ぜる。
,漉しながらボウルに移し、生クリームを混ぜ、バニラエッセンスを加える。
,ゼラチンを湯せんするか、レンジで溶かして混ぜ、器に入れて冷ます。
,濃厚でクリーミーなかぼちゃプリンの出来上がり。

6

簡単スイートパンプキン
材料:かぼちゃ(皮をむいた物)500g、砂糖50g,バター20g,卵1個、バニラエッセンス数滴、はちみつ・黒ゴマ。

,レンジ加熱で柔らかくしたかぼちゃをつぶし、砂糖・バター・卵・バニラエッセンスを加え混ぜ合わせる。
,アルミカップなどに生地を入れ、オーブントースターで軽く焼き色が付くまで加熱する。
,仕上げにはちみつを少量づつのせて、黒ゴマを散らして出来上がり。